韓国ドラマ-運命のように君を愛してる-あらすじ-詳細-6話~11話-1話から最終回まで。相関図、日本語字幕の動画はDVDでチェック!OSTやラベルも人気。2桁視聴率を記録。


同題名のドラマが台湾で2008年に放送。その作品のリメイクが韓国版「運命のように愛してる」である。
優しくて平凡な女性キム・ミヨン(チャン・ナラ)が、財閥の後継者であるイ・ゴン(チャン・ヒョク)が運命的に出会い、恋に落ちていくラブストーリー。
6話
私はどうしても赤ちゃんを産みます!胎教教室の前で、ゴン(チャンヒョク)とミヨン(チャンナラ)はセラの友達と遭遇する。ニューヨーク公演を終えたセラ(ワンジウォン)は韓国に戻ることを決心する。そのころミトンはヨウルトに産業廃棄物の工場建設計画を聞く。ゴンにだまされたと思いこみ、ゴンへの態度を急に変える。ゴンは冷たくなったミヨンの様子が気になる。
7話
ダニエル(チェジンヒョク)の登場に不安を覚えたゴン(チャンヒョク)。そのうえ、ゴンは距離を置こうとするミヨン(チャンナラ)の態度も気になる。チェ氏(イムヒョンジュン)とソウルに上京してきたミジャ(イミド)。ミヨンと三人で散歩をしているときに、ゴンがヨウルトに工場を売ったと聞き激高する。そんな中、ゴンは同じ部屋で眠る提案をミヨンにする。
8話
ゴン、会いたかった……!ゴン(チャンヒョク)はミヨン(チャンナラ)に自分の事務所を案内していた。そこに、予想していなかったセラ(ワンジウォン)が登場した。結婚した事実をセラに知らせようとしたゴンだったが、ミヨンに止められる……。
9話
もしかして、キムミヨンさん、あなたはゴンを愛してますかいるのですか?ミヨン(チャンナラ)はゴン(チャンヒョク)を好ましく思うようになり、ゴンもやさしくなったミヨンを好きになっていく。そのころ、ミヨンはセラ(ワンジウォン)から「ゴンを愛しているの?」と聞かれる。愛しているのかどうか、ミヨンは悩み始める。セラに押されてばかりのミヨンをかわいそうに思うダニエル(チェジンヒョク)……。ゴンとミヨンが一緒に書いていた離婚合意書が書き直されることに……。
10話
離婚合意書の内容は間違いありませんか?ゴン(チャンヒョク)とミヨン(チャンナラ)の離婚合意がマスコミの報道で世間に知られる。二人の関係が公になったことに安堵するゴン。ヨンの母(ナヨンヒ)は計画が狂ってしまい、家で離婚合意書を見つけ、疑問を持つ。ゴンとミヨンが契約結婚だったことを知ったセラ(ワンジウォン)は、ゴンに会いに行く。ミヨンは、約束場所にゴンが現れなかったため、代わりにダニエルと会う。
11話
何か大切なことを忘れてしまっているような気がする……。病院で目覚めたゴン(チャンヒョク)だったが、ミヨン(チャンナラ)を覚えていなかった。遺伝での発病が疑われる症状を見せたゴンの様子に戸惑うミヨンだったが、彼のそばにいることを選ぶ。セラ(ワンジウォン)はミヨンを思い出さないゴンの様子に、チャンスを逃すまいと、ゴンと一緒にいようとするが、思っていたよりもゴンとミヨンの仲がよくて、不安になる。