韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-あらすじ-詳細-1話~6話-胸キュンのラブコメ「応答せよ」シリーズの第三弾!キャストはパク・ボゴム、リュ・ジョンヨルなど(相関図でチェック!)最終回までお届けの結末はネタバレあり!?動画ラベルも胸キュンです。


「恋のスケッチ~応答せよ1988~」
「第1話」
決して豊かではなかったが、お互い分け合うことが当たり前であった1988年。平床の上でおしゃべりをするおばさんたちの声、路地で騒ぐ子供たち、隣人たちの話し声が溢れかえっている双門洞。
情に厚くて人が良く、突然湧き上がった借金の保証により半地下に住むことになったドンイル一家。 貧困よりもっと気がかりなのは、明けても暮れても争っている二人の娘。
一日で成金になったソンギュン家族。ミランは金を使おうとしないソンギュンが気に入らない。そして五人の幼なじみ、365日人の匂いがする双門洞路地の物語が始まる。
「第2話」
ドンイル家から守らなければならない一つのこと!キチガイ女ボラを刺激するな。
イルファの引き止めに耳を貸さずに、ボラが1番大切にしているものに手をつけたドクソン。双方が尋常ではない雰囲気になり…
一方ソンウ、ジョンファン、ドンリョンは18年の人生で最高の、痛快な逸脱を夢見るのだが…
「第3話」
修学旅行に浮き足だった子供たち、ドクソンは特技自慢の準備に忙しい。ワクワクしながら始まった修学旅行、ドキドキは落胆に変わってしまう。お金があっても使おうとしない夫が気に入らないミランはソンギュンに一つのミッションを与える。
一方、ドクソンは自分でもわからぬままに初恋の思いがどんどん深くなるのだが.
「第4話」
“私は大学に行く!”ドクソンは家族に宣戦布告し、路地の子供たちの険しいグループ課外が始まる。ドクソンはソヌに自分の思いを少しずつ表現し始める。
一方、ミランのイジメに屈しなかったムードメーカーソンギュンが変わった…?
「第5話」
ソニョンの家に思いもよらぬお客さんが訪ねてきて、ソニョンは非常体勢に突入する。 ささいなこと一つまで母の手が必要なソンギュン家、突然ミランが家を留守にすることになると、ソンギュン親子3人は混乱に陥る。
一方、ジョンファンはしきりにドクソン家に出入りするソヌを疑わしく思っており。
「第6話」
ボラが運転する車に乗ることになったドンイルの家族! 彼らは果たして無事でいることができるのだろうか? 願うこともなく、食べたいものもないように見えるテゲにも囲碁の他にしたい事ができた。
一方、ジョンファンはソヌの気持ちを知ることになるのだが