韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988~-あらすじ-詳細-14話~20話(最終回)-胸キュンのラブコメ「応答せよ」シリーズの第三弾!キャストはパク・ボゴム、リュ・ジョンヨルなど(相関図でチェック!)最終回までお届けの結末はネタバレあり!?動画ラベルも胸キュンです。


「恋のスケッチ~応答せよ1988~」
「第14話」
誰よりも母を理解している息子ソヌだったが、母の隣の席のムソンだけは受け入れたくない。
ミオクとの夢のような初デートを控えたジョンボンは震える思いを抱いてデート場所へ向かう。
一方、ドクソンはジョンファンの生ぬるい反応にも屈しず…
「第15話」
ドクソンの進学相談のためにイルファはドクソンの学校を訪ねて行き、ボラは司法試験準備をしろとのイルファの言葉に苦悶する。
忙しい両親のためにいつも孤独を感じていたドンリョンは新しい趣味をつくるのだが…
一方、疲れて一日を終えたテクを慰さめているのは…?!
「第16話」
司法試験準備のため寮に入ったボラ。
思いもよらぬプレゼントに涙を見せてしまう。
のど自慢の予選準備で忙しい路地の人々。果たしてその結果は?
一方、テクはドクソンに告白しようと決心し、胸を震わせながらその日を待つのだが…
「第17話」
流星落ちるある日. 大切な人と共に願いを祈る路地の人々、彼らが成し遂げたい願いは?
テクの告白が不発におわった後、初めて向き合うことになったジョンファンとテク。二人の間にはぎこちない空気が漂うのだが..
「第18話」
1994年。テクの誕生日を迎え、友たちは久しぶりに一所に集まり誕生日を祝う。
久しぶりに家に来た子供たちに、両親は寝ている姿を見ているだけでも嬉しく思うのだった…
さようなら、私の初恋。
数年間抱き続けた彼女への思いを、もうそろそろ片づけなければならないみたいだ。
「第19話」
休みなしに続く夜勤に苦しむドンイル。
そんな姿をイルファはかわいそうに思う。
ソヌはまた会ってみるのはどうかというボラに三種類の条件を提示し、ボラは当惑する。
一方、テクはジョンファンに会うためジョンファンが勤めている沙川に降りて行くのだが…
「第20話」(最終回)
ソヌとボラが恋愛をしているという事実が知れ渡り、路地は大騒ぎになる。
グッバイ双門洞。路地の中に入ってきた引越しの一台。一番最初に双門洞を離れることになった家族は?
その時、家族の愛、隣人との間の温かさ、青春の煌びやかさ、初恋の痛み、トキメキ、幸せだった全てを持って現実に戻る時間。この時間だけは温かくあるよう…
共に過ごしてくださり、ありがとうございました。