韓国ドラマ-恋の花火-あらすじ-詳細-10話~17話(最終回)-ハン・チェヨン(快傑春香)、カン・ジファン(がんばれ!クムスン)、パク・ウネ(宮廷女官チャングムの誓い)などをキャストに迎えたラブストーリー。11.3%の平均視聴率を記録。相関図でキャスト、OSTで感動的なミュージックをチェック!最終回まで見逃せない!


「恋の花火」
「第11話」
あなた、何してんの’
‘おめでとう ミレ氏!’
ミレはスンウに、今後ギャラリーに訪ねてくるなと言うが、スンウはサンフランシスコの話を持ち出し自分のことをむやみに見つめないでくれと言うのだが..
「第12話」
私、絶対インジェさんと別れることはできません。別れちゃダメなんです’
ミレはジンファにインジェとの愛を許して欲しいと頼み込むがジンファはインチャンを思うとそれはできないと言う。
「第13話」
インジェ氏、最後まで私を守ってくれるでしょう?’
営業が終わったギャラリーで、新しいプロジェクトチーム団結大会を兼ねたパーティー開いたジンファは職員の前でナラを新しいプロジェクトチーム長だと紹介し、これまでBCで仕事をしてきたインジェが自分の息子だと話す。
パーティー中ミレはつわりになり..
「第14話」
私たち、もう友達でもないのよ…’
ナラはインジェを見ているのは辛いから、もうこれ以上友達でもないと言い、今後自分に気を遣わないでくれと言う。
その言葉を聞いたインジェはそうすると言ってナラに背を向けるのだが…
「第15話」
ミレ氏の子供はナ・インジェ子供ではない’
ジンファはインジェとミレを別れさせるためにミレを東京支社に移動させる発令状を出すがミレは行くことはできないという。
スンウはナラに会って、ミレが妊娠した子供はインジェの子供ではないと話すのだが..
「第16話」
嘘をつかないで!’
スンウからミレの子供はナ・インジェの子ではなく自分の子だという衝撃的な話を聞いたナラは、どうにかしてインジェとミレの婚約式を止めようとする。
「第17話」(最終回)
愛しているから! 私たちは互いに愛し合っているから!’
ナラはミレに、あなたの子がインジェの子ではないということを一生隠すことができるのかと尋ね、インジェが苦しんだり悲しんだりするなら連絡なしに訪ねて行ってインジェを連れて行くと言う。