韓国ドラマ-貴婦人-韓国ドラマ-貴婦人-あらすじ-詳細-62話~68話-最終回まで!ネタバレやキャスト、感想もあり。視聴率は3.6%。DVDラベル、動画はYouTubeをチェック!


韓国ドラマの定番ともいえるドロドロ愛憎劇。
愛憎劇といえば「福寿草」の名を挙げる人も多いが、
その「福寿草」のヒョン・ウソン出演作ということでも話題に。
金と力を追い求める男。そして愛を追い求める女。
4人の男女が欲と愛を描き出す、話題作。
62話
ヨンミン(ジョンソンウン)とシンエ(ソジヘ)は新婚旅行に行く。ヨンミンの母(ユヘリ)は、シンエの家からもらった贈り物のもてなし用の料理にケチをつける。ミナ(パクチョンア)はペク代表の母(ナヨンヒ)にほほをたたかれて実家に帰る。ミル化粧品をミョンガ百貨店に入店させようと頑張っているジョンミン(ヒョンウソン)はルームサロンにチームリーダーと部長を呼ぶが…。
63話
シンエ(ソジヘ)は浴室で布団を洗濯していた。キョンジャ(ムンヒキョン)が部屋で倒れていたのに気づいて病院に連れていく。そのころ、ヨンミンの母(ユヘリ)がぬれていた浴室の床で滑って転んでしまう。ペク代表の母(ナヨンヒ)に支持されて嘘で入院しているミナ(パクチョンア)は、キョンジャの見舞いに来たジョンミン(ヒョンウソン)と会う。
64話
財産目当てで自分と結婚したとヨンミン(ジョンソンウン)に言われたシンエ。これを聞いたシンエはヨンミンに対して激怒する。実家に戻ったミナ(パクチョンア)はソンジュ(チャンミヒ)に、一日も早くデヨングループの後継者を産むように圧力をかける。産婦人科に行ったミナは自分が妊娠したことを知らされる。
65話
シンエ(ソジヘ)が入院したことを知らされたヨンミン(ジョンソンウン)は病室を訪れる。そこでシンエはヨンミンに別れると伝える。ジョンミン(ヒョンウソン)はミナ(パクチョンア)が妊娠したことを知るが…。ミル化粧品のミョンガ百貨店入店は、ジョンミンのMDチーム接待を理由に、品評会でソンジュ(チャンミヒ)に断れれる。
66話
ペク代表(リュテジュン)の一家とソンジュ(チャンミヒ)はミナ(パクチョンア)の妊娠を聞いて、デヨングループの後継者ができたことを喜ぶ。シンエ(ソジヘ)は実家に戻る。シンエがミョンガ百貨店入店のために特別販売イベントを企画するが、ヨンミン(ジョンソンウン)の反対を受ける。
67話
ジョンミン(ヒョンウソン)とフャヨン(ユンジミン)が取引することを考えていることを知ったヨンミンの父(ドッコヨンジェ)はヨンミンに会社を辞めるように命じた。ジョンミンは会社から帰る前に、ミナ(パクチョンア)におなかの子供の父親が誰かを聞く。シンエ(ソジヘ)のアイデアが採用されて、ミル化粧品の特別販売イベントが開始される。イベントが進行する中、いきなりおなかを抱えて倒れるシンエ…。
68話
5年が過ぎ…。ヨンミン(ジョンソンウン)とシンエ(ソジヘ)の息子ジュンヒが5歳を迎える。ヨンミンの父(ドッコヨンジェ)が誕生日を記念する家族全員での海外旅行を申し出る。ジョンミン(ヒョンウソン)は韓国に帰国。ミナ(パクチョンア)は5歳のユンウをペク代表(リュテジュン)と育てているが…。シンエはパスポートに問題があり、家族での海外旅行に行けないシンエ。帰り道に足元がすくわれるような知らせを受ける。