韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)-あらすじ-詳細-19話~24話-イ・ヨンエ、ソン・スンホンなど豪華キャストが織りなす時代劇。相関図で人物関係を整理してお楽しみください。レンタルDVD動画、OSTラベルも素敵です!最終回の行方は!?


「師任堂(サイムダン)」
「第19話」
“楊柳紙所サイムダン シン氏夫人が天才絵師だって?”
サイムダンの夫イ・ウォンスは居酒屋クォン氏との内縁関係を維持し、破廉恥な生活を送る。フィイムダンは島流しの刑を受けたミン・ジヒョンの復権のためあれこれ努める。
一方、中宗の娘翁主はサイムダンを絵の修練のため獨先生を連れてくると言うのだが…
「第20話」
“私を男として、一人の男として… 愛していましたか?”
サイムダンは中宗の娘翁主の絵の先生となる提案を断る。世子はイ・ギョムと共に潜行に出て楊柳紙所を運営するサイムダンの姿を見て賛辞を惜しまない。
一方、以イ・ウォンスは居酒屋クォン氏の圧力に勝てず、サイムダンの絵を全て売ってしまうのだが…
「第21話」
“義城君を遠ざけなさい。あなたの役に立つ者ではない”
サイムダンの子供たちはイ・ウォンスの浮気により胸を痛める母のことが心配になり家事を助ける。
フィイムダンは宮の外に出てきた翁主を拉致した後事件を操作しチャンスにしようとする。中宗はイ・ギョムと過度に親しくする世子が気に入らず頬を叩くのだが…
「第22話」
“御真画師を遂行することになったシン・サイムダンと申します”
世子は健康状態が悪化した中宗を慰めるために御真を描くことにし、イ・ギョムに全権を任せる。サイムダンは論議の終わりに御真画師に選抜され、宮では反発が沸き起こる。
一方、イ・ウォンスはサイムダンが居酒屋クォン氏に託した手紙を読み、申し訳ない思いになり涙を流すのだが…
「第23話」
“義城君をシン・サイムダンと共に共同主管画師として命じます”
イ・ギョムは中宗の命により共同主管画師となり、サイムダンと共に御真を描くことになる。中宗は民心を魅きつけたサイムダンをイ・ギョムと共に追い立てる計画を立てる。
しかし、光化門で完成された御真が公開され、国民は熱い歓呼を送るのだが…
「第24話」
“天のような主上が君の命を望んだ”
イ・ギョムはサイムダンを拉致したミン・ジヒョンを真剣勝負との終わりに処断する。 フィイムダンはサイムダンを救出し、息子チギュンの未来を頼み込む。
一方、ミン・チヒョンが御名により自分とサイムダンを殺そうとしたという事実を知ることになったイ・ギョムは中宗を訪ねて行って刀を差し出すのだった…