韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)-あらすじ-詳細-8話~12話-イ・ヨンエ、ソン・スンホンなど豪華キャストが織りなす時代劇。相関図で人物関係を整理してお楽しみください。レンタルDVD動画、OSTラベルも素敵です!最終回の行方は!?


「師任堂(サイムダン)」
「第8話」
“君たちはこの土地に何を満たしたいか”
サイムダン(イ・ヨンエ)は家族と共に出て行き夢を話して楽しい時間を過ごす。中部学堂の教授はヒョンリョンに入学を提案するが、サイムダンは高い学費を負担に感じていた。
一方、イ・ギョム(ソン・スンホン)はイム・コッチョンを訪ねて行きミン・ジヒョン(チェ・チョロ)の悪行を調査して欲しいとお願いするのだが…
「第9話」
“雲平、題を雲平にするのはどうでしょう?”
イ・ギョムはヒョンリョンに関して援助は受けないと宣言したサイムダンに冷たさを感じる。サイムダンは生計のために紙を作って売ることを決心し、製紙所を作り出す。
一方、フィウムダンは母子合同詩画展を開催しその題目として‘雲平’を提案し、サイムダンを当惑させるのだが…
「第10話」
“五日の間に色紙五千枚を作ることができますか?”
サイムダンは夜遅くまでヒョンリョンが家に帰らないのを知り、イ・ギョムの助けを受けてヒョンリョンを捜し出す。 イ・ギョムはひそかにミン・ジヒョンの粗をさがし過去雲平寺であったことを暴く。
一方、サイムダンは五日中に色紙五千枚を作ってこいとの紙物店主からのとんでもない注文を受け入れることになるのだが…
「第11話」
“お嬢さんの間違いではないんです。お嬢さんの過ちではないということです”
イ・ギョムは、紙を売ったサイムダンがフィイムダンの部下から不条理に扱われたのを見て危機から救い出す。サイムダンは雲平寺事件の生存者パルボンから過去ミン・ジヒョンが当初から高麗紙の秘法だけを引き出した後虐殺を計画したという事実を知り衝撃を受ける。
一方、イ・ギョムはペク・インゴルから中宗の詩が雲平寺事件の導火線になったという話を聞くことになるのだが…
「第12話」
“朝鮮で一番力強い男になるんです、あなたのために”
大叔母から過去のすべての事件の転末を知らされたイ・ギョムはサイムダンをギュッと抱きしめ泣き叫んで謝る。サイムダンは父が残した詩が書かれた高麗紙を見本として置き、本格的に高麗紙製作に拍車を加える。
一方、フィイムダンはサイムダンを苦境に陥れるためにマンドクを買収し遊民の間に潜入させるのだが…