韓国ドラマ-ハイド・ジキル、私-あらすじ-1話~8話-キャスト、感想も。OST、レーベルも人気!日本放送での視聴率は!?動画はDVDでチェック


世界で最も悪いジキル。善良なハイド。その全く正反対の人間が1人の男の中に宿っていた。その2つの違う人格と恋に落ちてしまった女性を取り巻く三角関係。
大人気となった漫画「ジキル博士はハイド氏」を原作とした、ラブロマンスドラマ。
1話
ハナが団長を務めているワンダーサーカス団。サーカス団の常務を務めるソジンから、ワンダーサーカス団の一方的な契約解除の通告を受ける。サーカス団の改革を提案して、契約解除を取り下げてくれるよう頼むハナ。ソジンはカン博士から、一番安全で完璧な治療法を見つけたと伝えられた…。
2話
ソジンは自分がハナを救ったことに気く。ロビンが現れたことをに気づいて、カン博士に連絡をとる。しかし、カン博士が失踪したことを知らさせるヨンチャン。事故のショックで一時的に喪失症となったハナ。ハナは催眠専門医のテジュのもとを訪ねるが…。
3話
ロビンがソジンと同じ顔をしていても性格は正反対で優しいことに困惑するハナ。ロビンの正体を聞いているときに、ネックレスに気づく。そのころ、ロビンは「あなたがいることを喜ばない」というソジンからの伝言をみる。そこで、ロビンがやってきた理由がソジンではなくハナのためだったことを知る…。
4話
ソジンはロビンがいつも出てくるという不安な気持ちから、ヨンチャンに自分の視界にハナが入らないようにするよう依頼する。ハナは一方的な契約解除の通告を受け、ソジンを訪ねて理由を聞くが、。ハナの存在を不吉に思い、ハナに二度と姿を見せないように伝えたソジンだが…。
5話
ソジンはハナと契約書に手を出すなと書かれたロビンのメッセージを見た。そこで二人だけのルールを破ったロビンの行動に激怒する。しかし、昼はソジン、夜はロビンで暮らそうとのルールを提案する。そのころ、ロビンはハナからワークショップに一緒に行きたいとの相談を受けるが…。
6話
ソジンはハナの告白に戸惑う。そこで、メッセージだけを残して先に行ってしまう。そのころ、ナ刑事は容疑者を追いかけていた。容疑者がワンダーランドの方に逃走していることをヨンチャンに知らせる。ソジンはハナの危険を直感し、すぐにハナを探し始めるが…。
7話
ソジンはロビンから言われた「自分のせいでハナが傷ついてた」と言葉を気にする。そこで、ヨンチャンに「失恋した女に必要なものはなにか?」と聞く。ロビンとハナが付き合っているみたいだという報告を受けたク会長。ソジンにサーカス団を撤回することを指示するが、それを聞いたソジンが撤回は出来ないと反発する…。
8話
ひどいショックで倒れたソジンを介抱するハナ。我を忘れたソジンはハナにひどい言葉をかける。「あなたのせいでロビンが現れ、かなわない望みを抱いてしまった。出ていって」と叫ぶ。ソジンに「生きてみようと思う」とのメッセージを残すロビンだが…