韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-108話~114話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
108話
元気な姿で退院したジェボムは、ガウンの家で楽しい時間を持つ。
ジェボムは「もう逃げないで欲しい」と告げ、ガウンの気持ちを確認する。
一方、ミランは差し迫った状況に追い込まれた。そこで、ガウンのもとへ行き、自分が間違っていたから心から謝りたいと言うが…。
109話
ジェボムに、「デザイン流出の件でこれ以上騒々しくなるのを望まない。もう大事にせず終わらせて欲しい」と頼むガウン。そしてドリームスターに復帰する代わりに、新しい出発をする決心を固める。
ジェボムとガウンは2人だけの幸せな時間を過ごし、もう一度互いの気持ちを確認する。
ジェボムからガウンが幸せだと思うことなら何でもしようといわれた、ガウンは感動する。
一方、デザイン流出に関連した資料を回収しようと努めるミランだったが…
110話
再び会社に出勤したジェボム。ミランを事務室に呼び出し、これまでの事件はガウンの願い通りに見逃すが、今後またこういったことがあるなら容赦しないと強く警告する。
オ女史は旅立つことを決心した。旅立つ前に、ガウンに一連の事件に関する転末が記されている書類を渡す。
この書類が、またもやガウンに怒りを呼び起こさせるのだが…
111話
勇気を出して、ジェボムの家に挨拶に行く日を決めることにしたガウン。パジュテクから、ソンウンが居なくなった日についての話を聞くガウン。
ガウンとパジュテクが話をしているのを目撃したミラン。すぐに席を外すが、ガウンはミランを追いかけて行く。そこで、ソンウンと自分の家族の不幸を黙ってみていたミランに向かって恨みをぶつける。
もめている間に、悲報に接することになってしまう…。
112話
ホゴルを訪ねたガウンは、スターファッションの最大株主であるパウロルカについて聞く。ホゴルはガウンに情報を与える代わりに、取り引きをしようと持ち掛ける。ガウンは取り引きに応じ、ホゴルの助けを借りることにする。
一方、ミランがガウンがデザイン流出の件に関連して収集しておいた証拠を盗み出したという事実を知る…。
113話
ソジンとジェボムは、ホゴルが紹介しようとしている人がガウンであることを知り驚く。
ガウンは外に出たジェボムに、ホゴルとそういう仲だったと告白する。
ジェボムは苦しさに耐えることが出来ずに酒をんで、警察ざたを起こすが…。
114話
ホゴルに、結婚したい女はガウンであることを告白したジェボム。ホゴルは大きなショックを受ける。
これを聞いたホゴルはガウンのもとをたずね、ジェボムとの結婚についての気持ちを聞く。
ガウンは確信が欲しいホゴルに対し、ジェボムはお世話になっている職場の上司で、それ以上もそれ以下でもないと言うが…。