韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-138話~142話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
138話
ヨンガプの話を盗み聴いたジェボム。ガウンが子どもを持てなくなった原因が、ミランのせいだと知る。
ガウンは目覚めたが、短期記憶喪失症にかかいた。事故についての記憶もなく、ジョンウの家を訪ねる。
ジョンウはPJカンパニーに投資。しかし、その会社が幽霊会社であることを知る。そこで、ガウンが短期記憶喪失症にかかっていることがラストチャンスだと考えるのだが…
139話
ミランに、自分は記憶喪失症になってはいない、自分が流した血の涙をミランの目にも流させてやると宣戦布告するガウン。
ジョンウはガウンを利用して、資金難を解消しようと考える。そこで、ミランに友達の夫寄りの親戚を演じろと言う。
ガウンを探すためにガウンの母に連絡するホゴルとジェボム。ガウンの母はガウンが別荘に行っていると言う。
ミランの犯行を立証するために、ヨンガプの後を追うジェボムだったが…
140話
ガウンの部屋にいるジェボムの姿を見て、ホゴルは怒る。だが、ジェボムはガウンの側に居られるならば、地獄であっても耐えられると強く言う。
ミランの犯行を録音したテープでミランを脅迫したヨンガプ。ミランはお金を用意しようと、ジョンウの母の貯金箱を盗む。
ガウンはジョンウの秘密金庫を探していた。金庫をジョンウの会社で見つけ、秘密金庫の中の財産を全て盗む。
ヨンガプが持っていたミランの犯行を録音したテープを入手したジェボムは…
141話
ミランに会ったジェボム。手にした音源を聞かせ、ガウンに謝れと言う。
ミランは危機に陥り、ますます酒に溺れる。そこで、ジョンウの秘密金庫を盗もうとしたこともバレてしまう。
ガウンに会ったホゴルは、ジョンウの家で過ごしていたとは酷いではないかと怒る。今後、自分との結婚を避けるなら、ジェボムが傷付くことになると警告する。
ミランはアルコール中毒症状になる。そこでジョンウにより病院に送られる。ガウンはジョンウに会い、秘密帳簿とパウロルカの情報とを交換しようと持ち掛けるのだが…
142話
ジェボムと会社で会ったガウン。ホゴルの警告を心配して、ジェボムに冷たく接する。
ジェボムに会ったジョンウは、持分の半分を売ろうとするがジェボムに断られる。
ガウンの荷物をまとめに来たヨンウンに会い、説得しようとするソジン。
ジョンウは、ヨンギュがガウンと電話しているのを見て怒る。パウロルカに伝えるメモをヨンギュに渡すのだが…