韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-149話~151話(最終回)-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
149話
ジェボムは結婚式直前に式場に到着し、そこでガウンを連れ去る。
ホゴルはソジンの裏切りに怒るが、ソジンはお父さんが結婚を止めるべきだったとホゴルに告げる。
ユン秘書を使ってミランとジョンウを脅迫したホゴル。ガウンに脅迫電話をかけさせる。そこで、ナリの調子が悪いという知らせを受けたガウンは、ミランを訪ねるが…
150話
ホゴルは狂気じみた行動に出る。そのせいでガウンは大ケガをして、病院に担ぎ込まれる。
ホゴルとジェボムは驚き、ガウンの姿に苦しむ。そこでガウンが目を覚ますことだけを待ち続ける。
一方、ミランはガウンが危篤だと伝え聞き、罪の意識に苦むのだが…
151話(最終回)
ミランに自首するという決意を語るジョンウ。恥のない、新しい人生を生きていこうと誓う。
その後、ガウンの病室を訪ねたジョンウ。ガウンに心からの許しをこい、警察に自首する。
ミランはガウンの病室を訪ねた。そこで、ガウンと涙の和解をする。ガウンは家に帰ってきた。そこでジェボムが準備したプレゼントを見て驚く…