韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-27話~33話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
27話
ガウンが妊娠して、幸せそうな家族とジョンウ。そんな様子を見てますます怒りがおさまらないミラン。専務に昇進したジョンウは、持っている野心をさらにいっそう強める。ヨンガプが社債を返すためにミランに話しを持ちかける。ミランは自分の言う通りにすれば、借金の返済だけでなく事業貸金も与えるといい、ヨンガプにガウンを流産させるように言うのだが…。
28話
ミランにけしかけられたヨンガプは、ガウンを尾行する。特別変わった気配はないという報告を受けたミランは、不安でたまらなくなる。ジョンウの母にミランの状態を知らせたミランの母。ジョンウの母はショックを受けるが…
29話
ガウンはギョンチョルの電話を受け、あわてて家を出た。エレベーターの中に閉じ込められる。ガウンは恐怖で真っ青になり、気を失って倒れる。 すべてヨンガプの計画通りだった。ミランは突然胎気を感じ、病院に連れていかれる。ジョンウは二人の事実を知り、ヨンギュに子供を任せる所を探すよう命令するのだが…
30話
子供は生まれるや否や死んだとミランに嘘をつくミランの母。ジョンウを手に入れるために、有効だったはずの最後の頼みの綱を失くしたと嘆くミラン。子供を失い毎日を泣き暮らすガウン。ガウンの様子を見るジョンウの母は、子供を亡くしたのはガウンのミスだと、ガウンを責め冷たく接するが…。
31話
ジョンウの母は子供を亡くしたガウンを責め続ける。ガウンが買ってきた食料品が高いから、お金に変えて来いという。 ミランが産んだ子供を養子にするための計画を立てるジョンウ。ガウンはボランティア活動をして、悲しみを忘れ去った。その場で、「ドンドン」という名を持つ赤ちゃんに会ったのだが…。
32話
6年後、ガウンは幼稚園生になった養子のナリと幸せな時間を過ごしていた。 ミランの子供だという事実は知らないままだった。ジョンウはデザイナージュリアに会いに出かけ、、ミランとジュリアが同一人物であるという事実に驚く。ミランからは「サンアパレルで仕事をする意思はない」ときっぱり断るが…。
33話
ジョンウは再び、ミランに会い、条件を提示してから、「サンアパレルで一緒に仕事をしよう」と提案する。ナリの誕生日に一緒に祝おうとジョンウを待つガウン。連絡が取れずに不安に思う。ガウンの父から夕食の招待を受けるジェボム。ジェボムはガウンの父の家で、またギョンチョルと会ってしまうが…。