韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-61話~67話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
61話
離婚を要求するジョンウ。条件としてソンウンの減刑と慰謝料を提示する。ガウンはそれだけでなく、今持っている全てのものをわたすように伝える。ジェボムはガウンとデパートで会ったとき、ョンウの事業について、変な点があると言い出す。ジェボムとガウンが一緒にいる姿を見た、ミランとジョンウだったが…。
62話
ソンウンの面会に行くジェボムとガウン。ジェボムに感謝の気持ちを伝えるガウン。ジェボムはガウンに笑顔を作ってあげようと魔法を見せる。 ガウンの家に行ったミランは、ガウンの母にナリは自分が産んだ娘だと話す。ガウンの母はショックで、椅子に横になってしまうが…。
63話
自分の家にナリを連れて行ったジョンウの母を、訪ねるガウン。ガウンがナリを連れて行くと言うと、ジョンウの母は「もうジョンウと離婚するしかないだろう」と冷たく言う。 食堂で仕事を始めたガウンだったが、男性客の足につまづいたせいで、食べ物をひっかけてしまい食堂を解雇される。気力がなくなったガウンは、家の近所で待っていたジェボムに会うが…。
64話
家族の心を変えようと努めるミラン。ジョンウの母とジョンヒは貰ったプレゼントを鼻であしらう。しかし、ジョンウの母へのプレゼントはダイヤの指輪だったことを知って驚く。 ジョンウはガウンを呼び出す。そこで、ガウンとジェボムが一緒にいる写真を見せ、どんな関係なのかと聞く。ジョンウは「法的にはまだ自分の妻なのだから、私生活の管理をしっかりしろ」という。ジョンウの言葉にガウンは呆れて、何も言えない…。
65話
ガウンはジェボムが紹介した仕事を断った。ジョンウがジェボムと自分の関係を怪しみ、ナリから引き離そうとしていると、ユミに話すガウン。ミランの話を信じたことで、ジェボムとガウンの仲を誤解したジョンウの母。何があってもナリを渡さないと言い、すぐに家を出て行けと言うが…。
66話
ガウンの母はガウンに、もう一度ジョンウの家を訪ねて行こうとするなら、ガウンとは縁を切ると諭す。ガウンを恋しがるナリの姿を見るジョンウの母はじれったく思う。ガウンとジェボムの仲を利用して、ジョンウがガウンを脅しているということを知ったジェボムは、ジョンウのもとを訪れるが…。
67話
ジェボムに「ガウンを困らせるな」といわれたジョンウは「関わるな」と言いかえす。ジョンウはジェボムに痛いところを突かれ興奮が収まらない。 ガウンの母は、詐欺に合ったのだということを知り、呆然とする。ヨンウンは偶然ミランと会う。ミランはヨンウンに押し退けられ、床に腕をぶつけてしまったと訴えるが…。