韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-68話~74話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
68話
ガウンは離婚することを決心した。ジョンウに、裁判所に行く前にナリと時間を過ごせるようにしてほしいと頼む。ナリにミランが実の母だという事実を知らせるガウン。ジョンウはガウンとナリの別れを見守り、複雑な心境になる。ガウンに、今後は良い暮らしができるように願うとガウンを慰める。 ガウンの離婚の噂を耳にしたジェボムは、ガウンの家を訪ねて行くが…。
69話
ガウンはお金を返そうとユミのもとを訪ねる。自分が受け取ったお金は、ジェボムがくれたものだったと知る。ガウンはジェボムを訪ねて行ってお金を返した。そこで、自分に同情しないで欲しいとお願いする。ジェボムは、純粋な好意ではないのだと答える。ジョンウはオ女史に会い、証拠を失くしてくれと言い脅迫用写真を渡したが…。
70話
ガウンは自分に与えられた現実から逃げはしないと、気持ちを強く持つ。ガウンはジェボムを訪ね、ジョンウについて知っていることがあるのかと聞く。ガウンは、ジェボムから、オ女史とジョンウが会っているという話を聞く。そこで、オ女史が名刺をくれたことを思い出し、事務室に訪ねて行く。ガウンはジョンウとミランの新婚旅行先を知り、二人の後を追いかけるのだが…。
71話
ジョンウとミランの新婚旅行先まで二人の後を追いかけて行くガウン。ミランとジョンウは幸せな時間を過ごしていた。ジョンウはガウンから、急ぎの話があると、ロビーに呼び出される。ジョンウは祝儀金の封筒を確認していたときに、ミランが自分ではない男とキスする写真を見て呆れる…
72話
ガウンはオ女史から自分が出す課題を全てこなせば願うものを得ることができると言われる。最初に与えられた課題は、3日以内に銀行に提出する事業計画書を作成することだった。当惑するガウン。 はジョンウに会うためにジョンウの会社に来たと、ミランに電話をかけるガウン。急いでカバンをまとめたミランが、会社へ向かうが…。
73話
自分の立場がおかしくなったのは全てガウンが仕組んだことのせいだと言い騒ぎを呼ぶミラン。ガウンはミランの前でジョンウに電話をかける。 「証拠もなしに人を陥れたりしない」と言い放つ。一方、ガウンはオ女史から一千万ウォンを渡され、お金について学んで金を二倍としてみろと言われたが…。
74話
オ女史と会ったガウンは、路上で服を一枚も売ることができなかった、と伝える。オ女史から、顧客に選ばれなかった服には価値がないと言われたガウン。アイディアが思い浮かび、売ろうとしていた服を家に持って帰ってリフォームを始める。 ホゴルはソジンの母と一緒にカフェにやってきた。そこでピアノをひいているガウンが鼻血を出す姿を見る…。