韓国ドラマ-ピンクのリップスティック-あらすじ-詳細-92話~99話-最終回までネタバレあり!相関図、ラベルや動画はDVDにてチェック!


韓国ドラマの定番の1つともいえる愛憎復讐劇。
夫と親友に裏切られ、優しい心を持った1人の女が「復讐」の為に変わる、、、
韓国の朝ドラマでは驚異の22%という視聴率を記録した作品!
92話
ガウンが育てていた時は何も問題がなかった、というジョンウの母。ナリがどんどん変な行動をするようになるとミランを叱る。
ミランはジョンウの母から、これ以上見たくないから出て行けといわれるが、ミランは自分の夫と子供がいるからずっとここで生活すると言う。
一方、昼食の席で、ジョンウとの新婚旅行の時にガウンが追いかけてきたという話をするミランだったが…
93話
ジェボムが自分に対して最善を尽くしてくれる姿を見るのがつらいガウン。
ガウンはジェボムとの席から立ち去る。
一方、ガウンはナナからジェボムとの縁談の話があるという話を聞く。そこで、ジェボムと距離を置く決心をするが…
94話
ガウンは心を決めて、まだジョンウを愛していると話す。
なぜ嘘をつくのだろうかと苦しむジェボム。
一方、画廊を訪ねたガウンは、ホゴルからガウンが絵を習えるように準備した美術材料をプレゼントとして渡されるが…
95話
体調が良くない状態で会食に参加するガウン。
はミランガウンの歓迎会だと言い酒を勧める。
ガウンは「飲めないことはない」と、酒を飲み干す。
その姿を見守っていたジェボムは、ガウンのグラスを奪って代わりに飲む。
一方、コピーされた新製品が卸売市場に置かれていた。それを、ガウンはミランが仕組んだことだと確信したが….
96話
縫製工場を回り、生産されている製品は自分がデザインしたものだと訴えるガウン。しかし、かえって恫喝されてしまう。
ジェボムは電話で注文を受けたという工場の社長に、協力を頼む。
一方、仕事の件で気がかりなことが多いガウン。自分が事を解決してあげるから、自分の願いを聞いてくれと言うホゴルだったが…
97話
自分のデザインがメインに決定したミランは、勝利の笑みを浮かべる。
ジョンウは、ガウンが会社に負わせた損は大きいとし、ドリーム側に責任を問う。ジェボムは、責任は自分が負うと受けて立つ。
一方、ガウンはジョンウの母から電話を受け、ジョンウの強壮剤を作って持っていくが…。
98話
ミランの母が荷物カバンをまとめ、ジョンウの家に入ってきたのを見たジョンウの母は呆れる。
ナリの面倒も見るし、家の中のこともするからジョンウの家に置いて貰いたいと言うミランの母。
一方、ガウンを解雇しようとする動きが会社であり、ジェボムが責任を負って守っているという事実を知ったガウン。そこで、辞表を出すと言うが…
99話
ホゴルから、大切な人にプレゼントしなければならないので、服を選んでほしいとお願いされたガウン。
ホゴルはガウンの美しい姿を見て、我を忘れて眺める。
一方、ジョンウはガウンが辞表を出したことを知り、、ガウンにスターファッションの働き口を紹介するのだが…