韓国ドラマ-本当に良い時代-あらすじ-詳細-1話~5話-キャストにイソジン、テギョン(2PM)を迎えた話題のホームドラマ。最終回の視聴率はなんと30%に迫る勢い!BS朝日でも放送。挿入歌も人気です。相関図はオフィシャルHPにて。日本語字幕動画をチェック!


「本当に良い時代」
「第1話」
慶州の閑静な街。誰にも1位を譲り渡したことのないIQ150の天才的な頭脳、村ではなかなか見ることの出来ないような涼し気で貴族のようなビジュアルの持ち主カン・ドンソク!息の詰まるような貧困、何年経っても帰ってこない道楽者の父、他人の家での家政婦暮らしから逃れられぬ見るからにみすぼらしい母、村のあらゆる事件事故の犯人である情けない兄弟の中にあってもドンソクはいつも根気強く…
「第2話」
高校生のドンソクはへウォンの母に会い、ドンオクが横になって寝たベッド代を五年ぶりに返すと言うのだが、へウォンの母は逆にドンソクにダイヤの指輪を盗んだという汚名をかぶせドンソクの家族をこらしめる。ドンソクはそんなへウォンの母に復讐するためにへウォンに遠くへ逃げようと言い、ドンソクと共に旅立つという娘の手紙を持ってドンソクを訪ねてきたミョンスンにドンソクは謝罪される。そして…
「第3話」
ドンヒは実の母ではないソシムを誰より愛していた。知能の足りない姉ドンオクのことも愛しており、実は自分の子であるドンジュ、ドンウォンのことも愛し子供たちを残して発ってしまった初恋のジョンアを懐かしがっていた。しかし母を困らせる父の妾ハ・ヨンチュンのことだけは愛することができない。ドンソクが官舎に入ったことを知った祖父が飲食を断ったという便りを聞きドンソクは家に帰ることに決め…
「第4話」
複雑な気持ちで保健所に到着したドンソクはしきりに謝るドンオクに怒りをぶつける。ドンヒは姉にケガさせたへウォンを責めることに忙しいが、実はドンオクよりもへウォンの方が深くケガを負っていた。血をダラダラと流すへウォンを病院に連れて行き検査を受けさせ、帰ってくる車の中でへウォンは寝つき、うっかり車中で夜を明かしてしまい、帰ってくる二人を見たスンフンは嫉妬心を爆発させてへウォンを追及し…
「第5話」
突然二人の前に現れたドンヒはへウォンに結婚指輪を出せと脅し、ドンソクはそんなへウォンをシッカリ守る。ドンタクが歌うナイトクラブでドンタクとドンヒは客と争いになり、ドンソクは夜中に警察署へと呼ばれる。へウォンは父を死なせたオ・ジスに復讐するため彼の息子オ・スンフンに電話をして一夜を共にしようと言い..