韓国ドラマ-夜警日誌-あらすじ-詳細-11話~19話-DVDで相関図や動画をチェック!ラベルも素敵です。キャスト一覧あり!


人間が色々な形で持っている欲望。幽霊とは、実はこの欲望を表しているのかもしれない。
しかし、この欲望の1つでもある「野心」「恋心」が運命を変化させる要因にもなり得る。
「夜警日誌」は人間が持つ欲望、喜怒哀楽を通し、純愛の姿を表現しているドラマである。
「夜警日誌」
11話
サンホンを率いて隠れ都城に怨霊を呼び集めた者がサダムと教えられたリン。過去にヘジョンに何が起こったのかをサンホンが説明してくれたが…。パク・スジョンは自分を訪ねてきたサダムに、「卑しい道流とは手を組めない」と追い出す。
12話
媽媽(ママ)神と闘うために、ムソクにも手伝ってほしいと頼むリン。苦難にぶち当たたったスリョンは…。
13話
サダムとパク・スジョンが一緒にいる姿を見たリン。サダムが痘瘡関連の最大の元凶だと、キサン君に告げるが、キサン君は耳を貸そうとしない。怨霊はサダムの呪文で蛇に吸い込まれていくが…。
14話
祖母を連れてきたという話をキサン君にリンがしていたとき、キム尚宮がリンに何かを伝えようとする。そこへパク・スジョンが入ってきた。キム尚宮はパク・スジョンを睨む。夜警隊が月光大君のもとへ集まってきているという話をキサン君軍に伝えるパク・スジョンだったが…。
15話
リンは怒って、すぐにパク・スジョンを訪ねた。そこで、母上が残した血書を広げ見せようとした。しかし、「血書を残した母の意図を考えろ」とランイに引き留められる。リンを手に入れる方法についてスリョンは、「父の力しかない」とパク・スジョンに言い、「リンに絶対負けてはならない」とも言うが…。.
16話
陰鬱な視線で眠っているリンを見下ろしていた悪霊。悪霊の広げた手から吹き出した黒い鬼気を、リンの耳に入れていく。リンを蒼天塔建立の総責任者に命じたキサン君だったが…。
17話
リンはドハの助けを借りて鬼気から開放される。リンはサダムを退治するためにだます計画を立て、まだ鬼気に捕らわれているふりをする。メン・サゴンが夜警師に合流する。オックィを退治するには、四方を封印する必要があるというのだ。
18話
本物のドハと偽物のドハを区別するため、警師の焼き印を確認しようとするチョ・サンホン。しかし、二人の両方に焼印の痕があって、区別ができない。怨霊が込められたものではない忍術では、鬼気も現れない…。蒼天塔の建立のために、無理な命令するキサン君。税金を上げ工事人材も補充するというのだ…。
19話
キサン君は宮に怪物が出没し、無作為に宮人たちを殺しているという話を聞いた。驚くキサン君に、リンが「自分とドハが怪物を食い止める」と宣言する。ヨナの顔がモ・ヨヌォルの顔に重なって見え、ヨヌォルに立ち向かえないドハは…。