韓国ドラマ-いとしのクム・サウォル-あらすじ-詳細-30話~34話-韓国での視聴率は大好調30%オーバー!キャストにも注目!DVDにて動画をチェック!最終回まで見逃せない!


「いとしのクム・サウォル」
「第30話」
チャンビンどうしてもダメだ…ごめんね。
チャンビン(ユン・ヒョンミン)は崩壊事故関連録音機をへサン(パク・セヨン)がマヌ(ソン・チャンミン)を威嚇する武器だと誤解し、その場で録音された内容を聴くことになる。へサンはサウォル(ペク・ジンヒ)にチャンビンとは絶対ダメだと毒舌を浴びせ、サウォルはチャンビンに指輪を返して別れようと話す。一方マヌは賎婢宮の事業が再開になるという便りに喜ぶけれど…
「第31話」
お父さん! どうかその女を放っておいてください!
キファン(アン・ネサン)の巨大な邸宅にサウォル(ペク・ジンヒ)は目を丸くし、キファンはオウォル(ソン・ハユン)のために作った家だとサウォルに話す。ポクム美術館の前でドゥクェ(チョン・インファ)はマヌ(ソン・チャンミン)に美術館に満足していると語り、ヘッダーシンとテレビ電話をすることになる。マヌはこのことにより完全にヘッダーシンとドゥクェが違う人物だと信じることになるのだが…
「第32話」
私がお父さんを安全な場所にお連れします
ドゥクェ(チョン・インファ)はチサン(イ・ジョンギル)を療養院から脱出させようと試みる。へサン(パク・セヨン)はセフン(ト・サンウ)が検事であるという事実を知りキファン(アン・ネサン)の財産まで狙ってセフンとの関係を急進展させようとする。サウォル(ペク・ジンヒ)はポグムグループの創立記念行事でカン・マヌ(ソン・チャンミン)の蛮行を暴露するためにホンド(ソン・ハユン)と共に登場する。
「第33話」
クム・ヘサン、君を絶対許さない!
へサン(パク・セヨン)はセフン(ト・サンウ)を家に招待して果敢に誘惑し始める。カン・マヌ(ソン・チャンミン)はタルレ(イ・ヨンド)が会っているチュ・セフンが検事であり年配の方の息子だという事実を知ることになり積極的にタルレを応援する。へサンはセフンが留まっているサウォルの家まで訪ねてきてcctv資料を探そうとするがサウォル(ペク・ジンヒ)に見つかる。
「第34話」
お父さん目を開けてください、お父さん!
キファン(アン・ネサン)によく見られようと古物商で仕事をしているへサン(パク・セヨン)をセフン(ト・サンウ)は自分が好きな女だと紹介し、へサンにプロポーズする。一方、ドゥクェ(チョン・インファ)とチサン(イ・ジョンギル)が共にいる姿を見たクッチャ(パク・ウォンスク)はチサンが生きていることを知って驚くけれど…