韓国ドラマ-いとしのクム・サウォル-あらすじ-詳細-40話~44話-韓国での視聴率は大好調30%オーバー!キャストにも注目!DVDにて動画をチェック!最終回まで見逃せない!


「いとしのクム・サウォル」
「第40話」
私が誰なのか知っています
セフン(ト・サンウ)はへサン(パク・セヨン)がホンド(ソン・ハユン)と同じ保育園出身だということを知り不思議に思い、ミノ(パク・サンウォン)はジヘ(ト・ジウォン)により賎婢宮再建築競合に失格する。一方、公園で幼いホンドの写真を持っているキファン(アン・ネサン)を見てサウォル(ペク・ジンヒ)はキファンがホンドの真の父であることを知ることになる…
「第41話」
グム・サウォル..愛してくれてありがとう
キファン(アン・ネサン)はホンド(ソン・ハユン)が自分の娘だという事実を知って悲しむ。セフン(ト・サンウ)はホンドの事故を調査しへサン(パク・セヨン)は不安に思う。チャンビン(ユン・ヒョンミン)はサウォル(ペク・ジンヒ)にプロポーズするけれど… 一方、ドゥクェ(チョン・インファ)はサウォルの結婚式で全てを明らかにしようと決心する。
「第42話」
ここで止まったりしない
キファン(アン・ネサン)はドゥクェ(チョン・インファ)を次期ポグムグループの会長として支持し、マヌ(ソン・チャンミン)は怒る。セフン(ト・サンウ)とサウォル(ペク・ジンヒ)が見つけたオウォルの事故原因の端緒はへサン(パク・セヨン)の首を締めて行く。一方、サウォルの結婚式に現れたヘザー・シンの正体に皆が驚くのだが…
「第43話」
私、あなたのような母を持ったことはない
ドゥクェ(チョン・インファ)はサウォル(ペク・ジンヒ)を結婚式場へ連れ出し、ミノ(パク・サンウォン)は自分の娘であるサウォルを訪ねて行って涙を流す。キファン(アン・ネサン)とセフン(ト・サンウ)はサウォルの事故にへサン(パク・セヨン)が関連したことを確信する。一方、すべての事実を知ることになったサウォルは病院の屋上に上がり…
「第44話」
君の娘は私が連れている
マヌ(ソン・チャンミン)は工事現場を訪ねたキファン(アン・ネサン)に、オウォル(ソン・ハユン)が落ちたのはへサン(パク・セヨン)のせいだと言い、オウォルの事件をセフン(ト・サンウ)が引き受けることになり、へサンは大きな圧迫を感じることになる。一方、ポグムグループ会長就任式現場でドゥクェ(チョン・インファ)はマヌがサウォル(ペク・ジンヒ)を拉致したというメールを受け取ることになるけれど…