韓国ドラマ-いとしのクム・サウォル-あらすじ-詳細-45話~51話(最終回)-韓国での視聴率は大好調30%オーバー!キャストにも注目!DVDにて動画をチェック!最終回まで見逃せない!


「いとしのクム・サウォル」
「第45話」
明らかに誰かがいたずらしているのは間違いない!!
ドゥクェ(チョン・インファ)は就任式場でサウォル(ペク・ジンヒ)をシン・チサン(イ・ジョンギル)社長の後継者として紹介し、サウォルは事業に参加するつもりはないと明らかにする。 一方、へサン(パク・セヨン)は道路を通り過ぎて行くオウォル(ソン・ハユン)を発見するのだが…
「第46話」
うちの子たち、予定通りに結婚させて
へサン(パク・セヨン)はオウォル(ソン・ハユン)の存在を極度に不安に思い、キファン(アン・ネサン)とセフン(ト・サンウ)はへサンの正体を知って苦しむ。一方、マヌ(ソン・チャンミン)はドゥクェ(チョン・インファ)に復讐するためサウォル(ペク・ジンヒ)とチャンビン(ユン・ヒョンミン)の結婚を進行させようとするけれど…
「第47話」
サウォルこれは違う! 絶対ダメ!
キファン(アン・ネサン)とセフン(ト・サンウ)は、へサン(パク・セヨン)がオウォルの事故の犯人であると確信して事故現場に連れていく。サウォル(ペク・ジンヒ)はドゥクェ(チョン・インファ)の復讐を止めるためチャンビン(ユン・ヒョンミン)と結婚してボグムグループを一緒に継ぐと話す。サウォルとチャンビンの結婚式の便りを聞いたドゥクェはサウォルを止めに行くけれど…
「第48話」
私に罪はない! 違う 違うって!
サウォル(ペク・ジンヒ)の新婚部屋に押しかけたドゥクェ(チョン・インファ)はサウォルの言葉に胸が痛み、チャンビン(ユン・ヒョンミン)はサウォルをポグムグループの新しい代表理事として推薦する。一方、へサン(パク・セヨン)の罪を明らかにするために孤軍奮闘するセフン(ト・サンウ)の前にオウォル(ソン・ハユン)が現れるのだが…
「第49話」
チャンビン氏、もうそろドゥクェおばさんを許してくれては?
オウォル(ソン・ハユン)はミラン(キム・ジヨン)とウラン(イ・テウ)に会って嗚咽する。サウォル(ペク・ジンヒ)はチャンビン(ユン・ヒョンミン)にドゥクェ(チョン・インファ)を許してはくれないかと尋ねるが、チャンビンの反応は冷たい。マヌ(ソン・チャンミン)は松倉庫の在り処を把握してなくそうとするのだが…
「第50話」
チャンビン、危険だ!
法廷にオウォル(ソン・ハユン)が証人として現れると、へサン(パク・セヨン)はセフン(ト・サンウ)がオウォルの兄であることを明らかにし、裁判無効を主張する。一方、市から視察に来るという噂を聞いて工事現場を訪ねたチャンビン(ユン・ヒョンミン)の頭の上に天井から彫刻が落ちてきて…
「第51話」
被告人オ・へサン最後に述べてください
事件調査のために警察はドゥクェ(チョン・インファ)とチャンビン(ユン・ヒョンミン)の手術ができる病院を訪れ、マヌ(ソン・チャンミン)を連れて行き、苦しむドゥクェを見たサウォル(ペク・ジンヒ)は過ぎた時間を思い出して苦しむ。一方、へサン(パク・セヨン)の裁判にシロ(チェ・テチョル)とセフン(ト・サンウ)が証人として出ることになるのだが…