韓国ドラマ-いばらの花-あらすじ-最終回
2013年に放送された極ドロ愛憎劇をBS11と同じ全60話で配信!
超人気俳優・女優陣が豪華共演し、毎回高視聴率をマーク!
ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
いよいよ最終回です!
いつも通りの長編ドラマ+凄まじいドロドロっぷりでげっそりしましたね。笑
でもなぜか引き込まれるんですよね〜!
ってグダグダ前置きはいらないですね!笑
では最終回をどうぞ〜!!
「いばらの花」
最終回
セミは、一度はヒョンミンの気持ちを組んで、知らないふりをしようとするが、上司から連絡が来たことで考えを改める。
そして犯罪者であるヒョンミンを警察に引き渡すことにする。
母親は、セミに見逃してくれと頼む。
ヒョンミンは、まさか自分が産む赤ちゃんの父親になる相手を警察に引き渡すはずはないと思っている。
しかし、セミは彼の赤ちゃんは諦めることを決めているようだ。
セミには二人の子供がいる。
ウンソクがその一人だということを知り、ヒョンミンはビックリしてどこかに行ってしまう。
向かった先はパクの家だ。
ウンソクはここにいるべきだはないと、無理矢理にでも連れ出そうとする。
そこにソンミンが来て、暴力を振るうヒョンミンを暴力で止める。
そして大切な人と、その息子にこんなことをしてはいけないとヒョンミンをなだめる。
ヒョンミンは泣きながら帰って行った。
セミは、警察に証拠を見せてヒョンミンとソウォンが犯人だと報告しようとする。
ミン母はソ理事からカンの家は売却されたと聞く。
しかし聞き入れないミン母。
家族は無一文で行き場にも困っていた。
ソウォンは、セミが警察に話したことで、逃げ場を失っている。
そしてソ理事はソウォンを発見して追跡する。
部屋まで追って来たソ理事は、窮地に陥ったソウォンに奇襲される。
怪我を負いながらも追うが、ソウォンは去って行く。
ミン母は、行き場を失って途方に暮れている。
セミが帰って来てそんなミン母を見る。
ミン母はヒョンミンをどうするつもりか訪ねるが、セミは既に警察に話している。
警察はもう捕まえる為に待機しているようだ。
すぐにヒョンミンに連絡をするミン母。
しかしヒョンミンはソヒョンを狙っているため家に帰ってくる。
ソヒョンにすることに見当がつくミン母は止める。
セミは出て行くようだ。
ヒョンミンはやり直そうと引き止めるが、セミはヒョンミンに警察に出頭するように促す。
セミのこれまで偽り続けていた言動に驚愕するヒョンミンだった。
そしてセミをも生かしておこうとしないヒョンミン。
意識が薄れて行くなか泣いているセミを見てヒョンミンは我に返る。
ソヒョンと重なっているのだ。
ミン母はいつ警察が入ってくるか気が気でない。
ヒョンミンは無一文でいく当てもなく、スジを頼った。
セミが告発したことによって、ヒョンミンは警察に終われ、ニュースにもなっている。
ミン母はセミを責めるが、セミも負けてはいない。
そこで初めて、セミはヒョンミンの子など授かってはいないことを知る。
言い争うことよりも、売却された家は出なければいけないと促すセミ。
嫌がるミン母に、別宅にいくように言う。
そこにナムジュンが来て、早くここを出て行くようにとミン母を急かす。
ミン母は反発するも、既に決まったことだと冷酷なナムジュン。
これまで面倒をみてやったのにというミン母に、ナムジュンは同じ言葉を返す。
ミン母は泣きながら出て行く。
ナムジュンはソヒョンには別宅に行くべきではないと言う。
みんなを警察が追っている今、誰が何をするかもわからない。
ミン母と同じ場所にいることはよくないとナムジュンは言う。
しかしソウォンは、あえてそこに自分がいることを選んだようだ。
始まった場所で、かたをつけるつもりだ。
ナムジュンはソウォンの意思を変えることができない。
ヒョンミンは、逃げ込んだスジの家でメモを残している。
ミン母からは、家を出て別宅へ行くという連絡が入る。
約束の場所へ向かおうとするヒョンミン。
しかしスジはヒョンミンを思って引き止める。
その姿を見たスジの母は、怒っているが、スジは心配でしかたがない。
ヒョンミンは母親からの連絡通りに別宅へいく。
ヒョンミンのことがニュースになっていることで、取材したいとジミンの病院にも報道局が押し掛ける。
ずっとそばについていたジェジュンが振り払う。
そこで二人は愛を確かめ合うことができたようだ。
そこへソウォンもやってくるが、ジェジュンには見つかりたくないようだ。
陰に身を潜めていると、ジェジュンにミン母から連絡が入る。
ミン母からかかってきた電話に出るジェジュンの話を聞き、これからセミと別宅に移動することを盗み聞きする。
ナムジュンのところには警察が来て、ドヒョンが罪を全て認めたことを話す。
それを聞いて、父親の事件が一段落したことにひとまず安心するナムジュン。
ナムジュンは、警察にヒョンミンとソウォンのことを聞くが、逆に警察に聞かれる。
少し悩んだが、別宅に移動したことは言わなかった。
セミは、ミン母を別宅ではなく、自分たち家族が住んでいた場所で降ろす。
そしてセミは一人で別宅へ向かった。
ソ理事はソウォンを追っていたが、あえなく警察に見つかった。
別宅にいるセミに警察から電話が来る。
ソ理事が捕まったこと、ヒョンミンがここに向かっているだろうということを聞く。
警察はセミを心配しているが、自分に任せてくれと言い電話を切る。
そこにソウォンがやってくる。
いつからそんなふうに変わってしまったのかと訪ねるセミ。
ソウォンはセミに責任があるという。
セミを襲おうとするソウォンから必死に逃げている。
その頃、ヒョンミンも既に別宅にいた。
心配したミン母はヒョンミンに連絡すると、ちょうどセミの声が聞こえた。
ソウォンはセミにとどめをさそうとしていた。
慌ててソウォンを止めるヒョンミン。
しかしソウォンのターゲットはヒョンミンに移る。
必死で振り払うと、誤って上から落ちてしまうソウォン。
ヒョンミンはソウォンを抱えるも、命は尽きた。
まさかのことにビックリして固まってしまうセミ。
そんなセミに、ヒョンミンは過去にセミの家族に起きた悲劇についてを書き綴ったメモを渡す。
メモを見てヒョンミンを探すとヒョンミンは覚悟を決めて一番上の階にいた。
ヒョンミンは自分の命と引き換えで、この件にかたをつけようと考えている。
許しを請うヒョンミン。
セミは泣きながら止める。
なにも命をかけなくても、警察に行き罪を償えばそれで終わりだと言う。
しかしヒョンミンは最後に笑顔を見せて、泣きながらソヒョンへの思いを伝えて落下して行った。
ヒョンミンからのメモには、過去の事件のすべてが書かれていた。
そして巻き込んでしまった人々への謝罪の言葉も。
セミは泣き崩れた。
セミはヒョンミンのお墓参りにいく。
スジもまた、泣きながらヒョンミンのお墓参りに行った。
ジミンは無事に病院を出て、ジェジュンと一緒だ。
ナムジュンとセミは和解できたようだ。
そして二人は笑ってさよならを言う。
それぞれここからがスタートだ。
みんなはセミの後ろ姿を見送っている。
セミは最後にみんなを見て、笑顔で去って行く。
今日の感想
一時はどうなるかと思いましたね!
想像以上のドロドロっぷりに驚きました!笑
でも結局はいい感じに終わって良かったです!
また次回のドラマもたぶんドロドロで攻めたいと思います。。。笑
お楽しみに〜