韓国ドラマ!いばらの花-あらすじ-7話〜9話-最終回まで全話を配信!
2013年に放送された極ドロ愛憎劇をBS11と同じ全60話で配信!
超人気俳優・女優陣が豪華共演し、毎回高視聴率をマーク!
ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
さて、いよいよセミはジェニファーという名を語って復讐を始めようとしていますね。
これからどんな手で、両親をひどい目に遭わせた奴らを苦しめようとしているのか…
こちらとしては、見所へとなっていきますね。
また別件ではあるけど、ナムジュンも彼らのことを調べようと、
カンの会社に入社して、順調にヒョンミンの秘書になっているけど、
これからはセミと一緒に復讐に協力していくのかな??
どんなふうにストーリーが動いていくのか
楽しみですね♩
「いばらの花」
7話
ヒョンミンがお酒を飲んでいるお店に現れたジェニファー。
それを見つけたヒョンミンは硬直して顔色が変わる。
ジェニファーはお店を出て行き、ヒョンミンは慌てて後を後に続く。
ナムジュンのおばさんに、ジェニファーのことを聞く。
もちろんセミだということは話すはずもない。
海外の知り合いだと言う。
おばさんは、ジェニファーに連絡をする。
ヒョンミンがびっくりしていたことを知り、ジェニファーは嬉しそうだ。
ヒョンミンはキム(付き人だった男)とパクのところに行き、セミはまだこの世に存在しているのでは…
と話すが、もちろん信じない。
話を聞こうとしないので、思わず叫ぶヒョンミン。
ソ理事に調査するよう命令する。
ヒョンミンはソウォンにも相談する。
セミがいなくなったことで、女優として活躍しているジミン。
報道の場で、自分の名を出したことに驚くジェニファー。
ジミンとジェジュンはあまり結婚生活がうまくいっていないようだ。
ジェジュンは今もセミを忘れられない。
ジミンはそれを感じ取っていた。
これからの復讐についてを話し合うセミとナムジュン。
もちろんジェニファーとソ理事としてだ。
彼はもちろんその為に、入念に計画して、ヒョンミンの一番近くにまで上り詰めたのだ。
ナムジュンとおばさんは、他にもヒョンミンやカン、ソウォン親子に恨みがある人たちをリサーチ済みだ。
セミは数年ぶりにナムジュンの家に行くようだ。
しかし昔のセミとしてではなく、ジェニファーとしてだ。
セミは過去の恩もあるので気が進まないようだ。
しかし敵を欺くには、まずは見方からというナムジュン。
ヒョンミンはジェ二ファーを見てから焦っている。
スジは、調子が悪いのかと心配している。
仕事で悩みでもあるのではと思ってているようだ。
セミは、海外にいる間にスジの母である会長と仲良くなったようだ。
さすが、ぬかりがありません。
ナムジュンもそれを聞いて満足そう。
ジェニファーはスジの母を訪ねて、いい居住地はないかと聞く。
スジの母は、自宅に招くようだ。
そこへ、カン会長がやってきて、スジの母がジェニファーを紹介する。
カンはジェニファーを見ると態度が一変する。
すぐに政治家であるソウォンの父に、ジェニファーの調査を依頼する。
そしてヒョンミンの母も、ジェニファーのことを見て絶句する。
ソ理事がジェニファーの調査結果をカン達に話す。
もちろん、これまでのセミとしてでの経歴は一切ない。
ジェニファーはスジの母親の言葉に甘えて、スジの家にいる。
セミにそっくりなジェニファーを見て驚くスジ。
すぐにジミンに連絡する。
ジミンは母親にジェジュンの不満を話している。
ここでジミンとジェジュンとの子供は、実はジェジュンとの間の子ではないことが明かされる!!
ジェニファーは、ジミンの子供を見て、自分が産んだ赤ちゃんのことを考えている。
まさか、ナムジュンの家にいるのが我が子だとは知るはずもない。
既にこの世にはいないものだと信じているジェニファーは、ナムジュンに子供のことを話す。
あの子がいたら、ジェジュンともこんな終わり方はしなかったかもと嘆くジェニファー。
しかし、ナムジュンは、復讐の為に気をしっかり持てと言い放つ。
我に返るジェニファー。
セミは、ナムジュンの言う通り、ナムジュンの家族にもジェニファーとして挨拶する。
なかなかボロがでてこないジェニファー。
ソ理事は引き続きジェニファーの調査をしている。
8話
セミはジェニファーになりきっているが、周囲は疑っている。
しかしセミのことを調べるように命令されていたソ理事の調査の結果、ジェニファーはセミではないということがヒョンミンに報告された。
どうやら海外からは、ジミンとジェジュンの間の子供だと思っていた娘の、本当の父親が帰って来ている様子。
ジミンの母親は、ジェジュンにも娘にもバレるのではないかと心配しているが、ジミンはぬかりない。
みんなの血はきちんと一致しているから心配ないようだ。
ジェジュンは仕事の為に資金を調達に来ているようです。
しかし、取引先にも言い分があるようで、ジェジュンの意見は通りません。
ナムジュンの母親とおばあさんもまた、ジェニファーは本当はセミなのではないかと今も疑っている。
家にいたときの癖などを思い出して当てはめようとしている。
しかしジェニファーもぬかりない。
そんなことも想定内と、しっかりと別人であるジェニファーを演じきっている。
ジェニファーは、スジの母親の言う通り、スジの家で暮らすことにした。
一息ついてナムジュンに連絡を入れる。
ナムジュンは、スジの家にいることでヒョンミンとはち合わせることを心配している。
しかしジェニファーもそんなことは承知の上。
あえてここにきたのだと話すと、ナムジュンもほっとしている。
ジェニファーはヒョンミンとツーショットになれる機会を伺っているようだ。
ナムジュンに相談すると、万全を尽くしてみるという。
そんなこととは知らないヒョンミンは、スジが言う”友達”がまさかジェニファーだとは知らずにいる。
スジの職場には不審者が入り込んでいる。
そして発煙するものを大量に残して逃げ去っていく。
火災報知器も作動して大事になっている。
実はこれがナムジュンの作戦だった。
ジェニファーと約束していたスジだったが、この連絡が入り急いで会社に向かう。
これで、ジェニファーとナムジュンの計画通りだ。
スジは行けなくなったがと友達がいるはずだとヒョンミンに連絡する。
するとジェニファーがやってくる。
ヒョンミンはまたもや驚愕する。
ヒョンミンとジェニファーは二人きりで出掛けることになる。
ソ理事はそんな二人を見ていた。
証拠写真をカン会長に送る。
ヒョンミンの母親もその写真を見てショックを受けている。
ジミンはソウォンと密会している。
二人の子供は実はジェジュンとの子供ではないということが誰かに知られてしまったようだ。
そのことを何者かがジミンに連絡して来たのだ。
子供はもちろん、ジェジュンも自分の実の子だと思って可愛がっているのにと、心配するジミン。
ナムジュンとジェニファーは、カンのもとで働いている部長への復讐に悩んでいる。
彼は、数年前にセミの家族の事件に関わっていたジミンの付き人だった男である。
部長はソニョンのお店で晩酌をしている。
それを見ていたジェニファー。
心配するナムジュンはジェニファーに電話をする。
ジェニファーは今すぐにでもどうにかしてやりたい気持ちを我慢して、必死で復讐のときを待っている。
ナムジュンのおばあさんは、ナムジュンにはジェニファーが似合うのではないかと考えているようだ。
セミの実の息子であるウンソクは、父親と母親が仲良くないのか?
など子供ながらに不思議に思っている。
家族は何も言えませんね。
ヒョンミンが家に帰ると、ジェニファーとの写真を見せられる。
カン会長と母親は心配しているようだ。
しかしヒョンミンもまた、内心気が気ではない。
なぜならジェニファーがどうしてもセミにしか見えないからだ。
ジミンも、ソウォンとの話し合いを終えて家に帰ってくる。
彼女もヒョンミンとジェニファーの写真を見て驚愕する。
どう見てもセミだからだ。
ジミンは、自分がセミを見間違えるはずはないと母親に言う。
9話
まさか帰宅してセミの写真を見ることになるとは思わず、驚愕するジミン。
家族はみんな、セミではない、この子はジェニファーなんだと教える。
しかしジミンは聞く耳を持たない。
ヒョンミンは、あまりにジミンがセミの名を口にするのでジェジュンを心配している。
しかし反抗して、ヒョンミンがセミにしたことを責めるジミン。
ジミンは本気でジェジュンにはそばにいて欲しいようです。
家族のことを一番に考えていなかった自分についてジェジュンに謝罪しています。
ジェジュンは怒ってなんかいません。
父親はソウォンにジェニファーを紹介しようと思っているようだ。
さっそくジェニファーにアポを取ろうとしています。
ソウォンのことは忘れたことも、忘れられるはずもないジェニファー。
これは復讐のチャンスになるのではと、ソウォンのことなど知らないていにして話を進めていきます。
ソウォンとジェニファーのこの話をヒョンミンにも話します。
その頃、ナムジュンは久しぶりに実家に顔を出しに帰った。
ナムジュンの家族もまた、ナムジュンにはジェニファーはどうだろうかと話していた。
ジェニファーのことを勧める家族に適当に返事をするナムジュン。
そんなナムジュンに、妹はジェニファーは何か隠しているのではないかと話しかける。
やはり妹もセミなのではないかと疑っているようだ。
カンの会社の部長はギャンブルに夢中だ。
それを心配してソ理事が警告するが、会社のことはよくわかっているし、
裏事情も俺は知っているんだぞと、逆に警告をする部長。
余裕の表情だ。
ジミンはスジと一緒にいるジェニファーと初対面する。
率直にジェニファーに招待を聞くジミン。
やはりセミだと確信しているようだ。
ジェニファーは顔色一つ変えずに対応する。
セミは私のベストフレンドだったと話すジミン。
それを聞いたジェニファー、いやセミは驚愕する。
ジミンもまた、初めましての挨拶をしながらも、内心はジェニファーがセミであることを必ず証明してみせると思っている。
ソウォンは紹介される女の子がいると聞いて、出掛ける。
ナムジュンはジェニファーをソウォンの部屋へ通す。
しかしまさかそこにセミの顔をしたジェニファーが現れるなど思いもよらないソウォン。
ジェニファーが部屋に入ってくるなり硬直する。
ためらいながらも挨拶をするソウォン。
そして外でお茶でもとジェニファーと二人で出掛ける。
ソウォンはジェニファーのことを何か探ろうとしているようだ。
ジェニファーもまた、警察であるソウォンに職業のことなどを聞いていた。
わかれるとすぐさまヒョンミンに連絡をするソウォン。
どうやらソウォンはジェニファーを信じているようだ。
セミはもうこの世にいないのだから…とヒョンミンを促す。
同じくジェニファーからは、ソウォンを紹介してくれたことへのお礼の連絡が入る。
そしてジェニファーは今日の出来事をナムジュンに連絡する。
ジミンがまだ自分のことを疑っていることを心配しているジェニファー。
ナムジュンも一緒に思考を巡らせる。
一方、部長への復讐についてもまだ検討中だった。
ソウォンとヒョンミンは一緒にお酒を飲みに出掛けている。
二人はセミの母親について話していた。
ソウォンはヒョンミンの母親を疑い始めているようだ。
ジミンはセミのことが気になって、スジにも調べるように言いつけます。
しかしジミンの思ったような証拠は出てきません。
さすがジェニファーは完璧です。
部長は、セミの母親の件を理由に、ヒョンミンの母親からギャンブルのお金を貰おうとしているようです。
それを見たソ理事。
カン会長にこのことを話します。
ヒョンミンの母親を心配するカン会長は話を聞こうとしますが、妻は口を開きません。
ジェニファーはヒョンミンの職場に出向き、二人きりで外に連れ出します。
そしてジェニファーは忘れられない、あの事件のあった場所へと誘導します。
今日の感想
セミのジェニファーとしての復讐がいよいよスタートしましたね!!
性格や癖、まさかの傷跡までをも完璧に変えてきたセミは
ほんとうに完璧ですね。
まさに今、復讐をする為に生きているというような感じですね。
ナムジュンもセミもぬかりなく、
ちゃくちゃくと標的に近づいていってるのが凄いです。
あの事件のあった別荘へと誘導したセミは、
ヒョンミンに何を仕掛けるつもりなんだろう…
次回も気になりますね!!