韓国ドラマ-お願いを、ママ-あらすじ-詳細-1話~8話-視聴率は脅威の40%に迫る!キャストはユジン、オ・ミンソク、チェ・テジュンなど。最終回までネタバレあり。相関図、日本語字幕動画をチェック!


「お願い、ママ」
「第1話」
ジネは長男であるヒョンギュだけを評価する母サノクに疲れ果て独立を夢見る。一方、惣菜店を運営するサノクは突然店の保証金を上げてきたキム社長のせいで頭を痛め、弱り目にたたり目・・夫ドンチュルが幽霊事業に投資しお金を使ってしまったという事実を知ることになるのだが…
「第2話」
ローファームを出たヒョンギュは事務室を起こす資金が不足すると母サノクにまで手を伸ばし、サノクは店を諦めようと決心する。一方、事情を知らないジネはサノクの総菜屋のせいで苦労して手にした借家を諦めなければならないと思い悩むのだが…
「第3話」
ジネは紆余曲折の末フンジェの助けを受けて工場の漏水を修理する。しかし翌日、中国のバイヤーたちが集まった席で借修理しておいたパイプが破れ、真下にいたヨンソンの頭上に水が吹き出し、ジネは急いで体を傾けヨンソンを救けるのだが…
「第4話」
ドンチュルがヒョンギュを殴ったことで家の中が鬱々とした状態なのにもかかわらず、サノクはジネに残った資金で兄ヒョンギュを助けるように言い母と娘は激しく争う。一方、フンジェはジネが心配になって工場を訪ね、ヨンソンにバッタリ会ってしまい慌てて女子職員更衣室に隠れるのだが…
「第5話」
ヒョンギュはソン・ジュンヨンの代理運転手となり、初恋ユ・ジヨンと再会する。ソンソンはフンジェが警察署に行ったことが気に入らずフンジェに直ちに家を出て行けと言う…一方、ソンソンの特別待遇により本社の企画チームptを任されたジネは遅くまで会社に残り、怪しい人とぶつかってしまい…
「第6話」
産業スパイと勘違いされたジネ。サノクはジネの部屋を調べると言って訪ねてきた監査チームを必死に追い出し、ジネの潔白を明らかにするためヨンソンを訪ねて行く。一方、新しい仕事のことでチョルウンと競争することになったフンジェは賭けを提案することになるのだが…
「第7話」
ヒョンギュはローファームの雑用を任せてくるジュニョンへの反撃の機会を狙っている間、ジュニョンが担当しようと目をつけていた事件に関心を持つ。フンジェはジネが寃罪を被ったことを知り真犯人を見つけるための決定的助けを与えるが、ジネは犯人が可哀そうな事情を持っていることを知ると懲戒委員会を控えて悩みに包まれる…
「第8話」
ジネはずっと疑ってきて申し訳なかったというヨンソンからの謝罪の言葉を快く受け入れる。学資金の貸出返済督促メールを受け取り悩むヒョンスンにドンチュルは、金儲けのためのアイテムが思い浮かんだので心配するなと軽く対する。サノクはユジャが提案した仕事である料理の先生としてチョルウンの家を訪ねるのだが・・・