韓国ドラマ-お願いを、ママ-あらすじ-詳細-45話~54話(最終回)-視聴率は脅威の40%に迫る!キャストはユジン、オ・ミンソク、チェ・テジュンなど。最終回までネタバレあり。相関図、日本語字幕動画をチェック!


「お願い、ママ」
「第45話」
ドンチュルは、自分が死んだら新しい妻を娶れと促すサノクの言葉を思い出し、家出したサノクのことを心配する。ヨンソンはチョルウンと再婚して分家することに関してギナムとの間がギクシャクしており、ジネとフンジェは寝室の収納棚からサノクが置いて行った薬袋を発見することになる…
「第46話」
フンジェは病気にかかった事を秘密にしてほしいとサノクから頼まれたためジネに話すことができず、一人心を痛める。チェリは自分がヒョンスンと和解することがサノクの願いであること知り、家出したヒョンスンを訪ねて行って家へ帰ろうと説得するのだが…
「第47話」
家に戻ったジェヒとヒョンスンは苦しむサノクを安心させるため、仲の良い夫婦のように振舞う。サノクはヘジュを早朝から呼び出し苛酷な料理訓練をさせ、ヘジュが苦労していることが気に障ったヒョンギュはサノクに不平を吐き出すのだが…
「第48話」
ヒョンギュは妻の実家での暮らしを不便に感じる中で、サンの間違いを正したことが引き金となりヘジュと争いになる。サノクは自分が居なくなった後一人ぼっちで残るドンチュルのことが心配になりウンオクに連絡するが、相変らず疑われていると誤解したドンチュルはこれ以上サノクの気まぐれには付き合えないと家を出て行くのだが…
「第49話」
ドンチュルは病院でサノクの病気を治療する方法はないという話を聞かされ挫折する。ヒョンギュはサンに近づこうと努力するがかえって関係が悪化し、委縮するサンを見たヘジュはしばらく離れて過ごそうと言うのだが…
「第50話」
ヒョンギュがサンに配慮し、サノクの家に入る代わりに分家して生活すると言うとドンチュルは父の役割よりも先に子供の役割をしろとヒョンギュを責める。サノクはチェリとヒョンスンが仮面夫婦のように振舞っていることに気がつき、チェリに二度と会わないと言うのだが…
「第51話」
妊娠したジネは、ギナムから実家で暮らして良いという許しを受けるが、サノクはジネに苦しむ姿を見せたくないので来られないようにする。一方、サノクが痛みのためにしばらく部屋に入っていた間に、台所にいたサンが沸いているお湯を注ぎ出してしまうのだが…
「第52話」
ヒョンギュは過ぎた日々、サノクを傷つけた事を後悔し罪悪感に苦しむ。サノクはジネが好きな食べ物レシピをフンジェに渡し、もうジネにも知らせなければならないので話すための場を用意してくれと言うのだが…
「第53話」
旅行から帰ってきたジネはフンジェの前でこらえていた涙をこぼし、真夜中下腹に酷い痛みを感じる。ヘジュはサノクの味をつなぐため熱心に努力するが、なかなか実力が伸びず、ヒョンギュはサノクを苦しめた日々を自ら叱責し苦しむのだが…
「第54話」(最終回)
ヒョンギュは生まれて初めてサノクと二人きりでデートに出かける。子供ができたチェリは妊娠うつ病にかかり、亡くなった実家の母を懐かしがる。一方、ドンチュルはウェディングドレスを一度も着ることが出来なかったサノクのために、子供たちと共にリマインドウェディングを準備するのだが…