こんにちは!ショウコです!
ヨンジョがイ・サンに王位を譲ると言い出した事で、
さらにイ・サンが狙われるのではないかと心配です><
二人はイ・サンの父親についての真相を突き止めようと動き出しましたが…
チョンスンが何か気付いたようだし、
なんだか嫌な予感がしますね。
でも、父親が残したメモを見つけたからには明らかにしたいですよね。
では、気になる続きをどうぞ。


「イサン」
40話
イ・サンは父親のメモを元に、父親が無念を晴らそうとしているのだが…
チョンスンが先回りしている。
だが、イ・サンの強さをみんななめていた。
イ・サンは父親に関する情報を無事に習得して、
ヨンジョと確認するのだが…なんと自分たち以外はほぼほぼ全員が
敵と言っても過言ではないほどだったのだ。
そんな中でヨンジョが体調不良に。
イ・サンはヨンジョに言われた取とおり
王位をつごうとするのだがチョンスンが黙っていない。
41話
ヨンジョの意識が戻らない限りは、イ・サンの言い分も
チョンスンの言い分も証明できない状態。
だが、ヨンジョの事を慕っていたものがイ・サンを助けようとする。
しかしチュンスんは一歩も引かない。
このままでは戦争が…
というところで、ヨンジョが目を覚ましたのだった。
42話
チョンスンの裏切りを目の当たりにしたヨンジョは憤慨して
チョンスン達にそれなりの刑を命じる。
ヨンジョの体調を気遣ったイ・サンは、この者達の処罰を引き継ぐ。
だがしかし、チョンスン達をあまり追いつめると
ヨンジョの病気の事をみんなに知られてしまう…
王であるヨンジョが、記憶がなくなる病気だと噂されれば
ヨンジョの立場が…
そう考えたイ・サンは、ヨンジョの為にも刑を考慮する。
ヨンジョも自分の事はかまうなと言うものの、
イ・サンはヨンジョの方が大切だった。
そのイ・サンの心境を察したヘビンは、イ・サンに代わって
チョンスンの事を罰するのだった。
今日の感想
イ・サンはヨンジョの名誉の為にも、本当は憎くて仕方のないチョンスンの
刑を軽くしてしまいます。
でももちろんそれは誰一人として納得のいくものではないですよね。
そこでヘビン登場!!
チョンスンはもう王宮にいる権利はなくなってしまいましたね。
これでイ・サンは、ヨンジョの希望通り王位を継ぐ事になるのでしょうか。