韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-詳細-11話~16話(最終回)-ドラマの女王キム・アジュンを主演に、エキサイト間違いなしのスリラードラマ!最終回までネタバレ注意!オフィシャルサイトの相関図でキャストをチェック!DVDラベルもお忘れなく!


「ウォンテッド」
「第11話」
“ジウン、命を賭けて始めたことです”
スンインは胸騒ぎがして窓の外を見下ろし、ヘインを追いかけてきた一団がいることを知る。UCNを訪ねたデソプは今後SGサイドで’チョン・ヘインのウォンテッド’とUCNの法律自問を引き受けると言い、放送に介入する意志を明らかにする。
一方ナ・スヒョンは真犯人のミッション指示を不履行にし暴走するのだが….
「第12話」
“先輩はどのように耐えたのですが?”
イ・ジウンの父(イ・ヨンファン)が死ぬ前に残したビデオを確認し衝撃を受けたヘイン!スンインは犯人と事件の実体にますます近付き始め、ドンウクは放送のためにチェ・ピルギュを訪ねて行き拒否できない提案をする。
一方スヒョンに関する心配事で不安に襲われたジウンは、ミオクの目を盗んで密かにある場所へと連絡を入れるのだが….
「第13話」
“全てが壊れた場合… 責任を負うべき人が必要だ”
ナ・スヒョンが殺害されたという事実を知った後、ショックを受けたチェ局長は暴走して計画を終わらせる準備をし、すべての事件の状況を知ったヘイン、捜査チーム、製作スタッフはただヒョヌの安全のために動き始める。
一方、SGグループの部下によりヨングァンがケガをしたという事実を知ることになったスンインは怒り始め….
「第14話」
“私がなぜ犯罪者の心まで読まなければならないのですか?”
SGケミカル、加湿器殺菌剤、殺人、繰り返し言及すること。ドンウクはジュングに会ってから混乱に陥り、ヘインはヒョヌの安全のために、ジュングの要求通り放送を進めている間突発的な状況に面する。
一方スンインは犯行の決定的証拠がギョンフン(マネジャー)にあるという事実を知ることになるけれど….
「第15話」
“私たちの娘の最初の誕生日に、必ずこれを履かせて”
ヒョヌが生きているという証拠を確認するため高速ターミナルへ向かったヘインとスンイン!製作チームは現場でヒョヌを探すSGの人々を発見する… 病室で、とあるニュース速報を見ることになったジュングは脱走を試みる。
一方ハム・デソプは殺菌剤の問題を覆い隠すためまた別の計略を立てるのだが….
「第16話」(最終回)
それを知るため 私が戦う’
ヘインはウォンテッド10回放送を決心し、スンインにチェ・ジュング局長を必ず捉えてほしいとお願いする。初めて犯人の指示なしで放送を進めることになった製作スタッフは苦心する。
一方ドンウクはウォンテッドに対するルポ原稿を準備したジンウンから思いがけない証拠を掴むことになるのだが….