韓国ドラマ-オジャリョンが行く-あらすじ-11話〜15話-最終回まで全話。ネタバレあり。高視聴率! キャスト(登場人物)はウニの息子役にイ・ジャンウ。キムマリ役にユ・ホリン。チョルス役にキル・ヨンウ。相関図、ロケ地、は日本語字幕の動画、BS日テレの放送でチェック!


オジャリョンが行く-11話
ヨンソクが勤務する大手グループの株に動きがでるほどの影響力をもつ、
ジンジュとイングクの悪いウワサ話。
だれがその発端か調べるべく、ヨンソクはサロンの防犯カメラの記録を調査する。
その映像に、
大手グループに関連する企業のトップの奥様がサロンに来店すると、
あからさまに大声でジンジュの話を携帯で話し出した人物がいた。
それがまさか自分の母、ギジャだ。
ヨンソクはショックを隠せない。
一方、ヨンソクが調査してることも知らず、ギジャは
ベンノに、イングクがジンジュと結婚したいがために、
あえて悪いうわさを流したんではないかと、
ありもしない情報をベンノに流す。
それを聞いたベンノは頭に急激に血が登り、失神してしまう。
ベンノの部下から、ジンジュが消えたと電話が来ると、
ベンノはイングクの仕業だと決めつけ、
イングクが経営してる店に行き、声を張り上げ、平手打ちをみまうのだった。
一方、ジャリョンとゴンジュは、
店長から新メニューに合うキムチを見つけてくれと頼まれ、
キムチ店のはしごを繰り返していた。
オジャリョンが行く-12話
店長から頼まれ、
新メニューに合うキムチを探して回っていたゴンジュとジャリョン。
その間ずっとジャリョンに運転をさせていたので、
ゴンジュは交代を申し出た。
ジャリョンがだいぶ疲れていたのか、ぐっすり寝てしまった。
目を覚ますと、なぜか山奥を走っていた。
ゴンジュは迷ってしまったのだ。
ガソリンも底をつき、山奥で携帯も電波がないので助けも呼べない。
二人は仕方なく車を山の中に置き去りにして、
どうにか出口を探すが、足場が悪くおぼつかない。
すると、足を滑らせ、ジャリョンが落ちそうになったところを、
ゴンジュが助けようとすると、
二人とも道連れ状態で山から転がり落ちてしまう。
一方、ベンノがイングクに対して、暴力をふるったことに激怒したジンジュは、
金輪際イングクに近づくなと激高する。
その場にいたビョルは、
ベンノのあまりの迫力に、お漏らしてをしまい。
それを引きづり不眠になってしまうのだった。
オジャリョンが行く-13話
BARでジンジュは泥酔していた。
ヨンソクはジンジュを気に留めていたので、ジンジュを介抱する。
その瞬間ジンジュは泣き崩れたのだった。
ヨンソクはジンジュに、なにかあったら、頼って欲しいと伝えた。
そしてジンジュを家に連れて行くとベンノに感謝された。
ベンノはヨンソクに車をプレゼントした。
一方、店長に頼まれたキムチを遠くまで探しに出るジャリョンとゴンジュ。
ジャリョンは高速道路を利用し、長旅になるので、
トイレを済ましておけとゴンジュに伝えるが、ゴンジュは平気と聞き流していた。
しかし、高速道路に入ると、ゴンジュはトイレに行きたいと言い出す始末。
ジャリョンは頭が痛くなるが、仕方なく、なんとかトイレのあるところまで、
車を走らせ、なんとかゴンジュは危機を回避した。
相変わらずお騒がせのゴンジュである。
そして、キムチを見つけることができたので、新メニューを作り始めた。
オジャリョンが行く-14話
ベンノは流れで、ヨンソクとジンジュが交際してると知人に話してしまうと、
イングクとのうわさ話はどこへ行ったのかと言わんばかりに、
ヨンソクとジンジュのうわさが一気に広まった。、
イングクとの悪いうわさが消えたことは、願ったり叶ったり。
しかしヨンソクはヨンソクで気に入らない様子のベンノだった。
ベンノの考えとは裏腹にジンジュとヨンソクは仲は深まっていくのだった。
一方、ジャリョンが色んな人の前で、ゴンジュのお騒がせぶりを
オモシロおかしく話しているところを、
ゴンジュは立ち聞きすると、機嫌を完全に損ねてしまった。
ただふざけてただけで悪意はないんだよと説明するが、
聞く耳を持たないゴンジュ。
ジャリョンはゴンジュの好物を買ってあげて機嫌を取り戻すのだった。
ゴンジュは
ジャリョンといると、元気でいられると気付かされ、
いつのまにか、裏表のない純粋なジャリョンに好意を抱くようになっていた。
オジャリョンが行く-15話
ベンノはヨンソクにジンジュに対しての本当の気持ちはどうなのか聞くと、
ヨンソクは初めて会った時からジンジュに一目惚れしていたと答えた。
最初はヨンソクに対しても気に食わなかったベンノだが、
いつのまにかヨンソクに取り込まれてしまった様子で、
ジンジュと結婚してあげて欲しいと伝えられる。
ヨンソクはまんざらでもなく、マリとの縁を切るため、一切の連絡を絶つのだった。
一方、ジャリョンとゴンジュは初任給でそれぞれの家族にプレゼント贈った。
お互いの家族が心から喜んだ。
それもそのはず、二人ともそれぞれ問題があり、
仕事をまじめに働いて給料をもらえるなんて夢のようだったからだ。
ナ会長は一生懸命に働いて、給料を貯金するゴンジュを賞賛する。
翌日、さらに賞賛の出来事が。
ジャリョンとゴンジュが頑張って見つけた新メニューに合うキムチが、
社内公募展で選ばれ、表彰されることが決まったのだ。