韓国ドラマ-オジャリョンが行く-あらすじ-116話〜120話-最終回まで全話。ネタバレあり。高視聴率! キャスト(登場人物)はウニの息子役にイ・ジャンウ。キムマリ役にユ・ホリン。チョルス役にキル・ヨンウ。相関図、ロケ地、は日本語字幕の動画、BS日テレの放送でチェック!


こんにちは!韓国ドラマ大好きショウコです!
120話まで来てしまいました!残りあとわずか!
とうとうジャリョンに
ソンシルとマンスの本当の子供じゃないことがバレてしまいましたね!
それにしてもヨンソクの悪事が半端ないですね!笑
いや〜楽しいです!笑
では引き続きご覧ください〜!
オジャリョンが行く-116話
ヨンソクは正式に代表になりいきなり抜本改革に乗り出す。
必要のない部署、人事を切り落とすのだった。
しかもその対象が全てジャリョンが関わっているところであった。
ジャリョンが繁盛させた食堂や、
今所属している部署が業的である。
食堂はとても売り上げが良く、働いている店員たちも
なんで閉店させらるんだと激怒。
今所属の部署の部長クラスの方たちも次々とリストラ対象になってしまう。
ジャリョンは黙ってられず、ヨンソクに楯突く。
一方、ベンノはチョルス会長から、会社の幹部のイングクと
ジンジュの関係についてウワサになってると告げられるのだった。
オジャリョンが行く-117話
ベンノはジンジュとイングクのウワサを流した人が誰かを調査すると、
ギジャの名前が浮上する。
探偵に、ギジャの行動を尾行するよう依頼するのだった。
一方ヨンソクの自分勝手な横暴な改革に反発し、デモが勃発する。
ジャリョンもこれに加わり、デモを先導する。
ヨンソクがジャリョンを呼び出すがジャリョンは無視する。
ベンノからもデモに参加するなんてどういうことだと、
怒鳴りつけられるが、
ジャリョンはヨンソクのやり方は間違ってると真っ向から戦う姿勢を見せた。
オジャリョンが行く-118話
デモ活動が過激になる。
物をベンノに投げつける場面を見たジャリョンは、
デモから外れ、ベンノの身代わりになる。
卵を投げつけられ、ジャリョンが卵を頭からかぶるのを見たベンノは、
申し訳ない気持ちになる。
ジャリョンの家族は心配してジャリョンに連絡する。
デモ以外のやり方があるジャリョンに促し、
ジャリョンはデモ隊を説得し、収拾に動く。
ベンノは、ヨンソクが警備員に任せ、なにもしない様子を見て、憤慨する。
デモを収拾したジャリョンは署名運動に動く。
ベンノからも厳しい言葉を浴びせられたヨンソクは、
リストラを取りやめることにした。
オジャリョンが行く-119話
イングクとジャリョンが食事をする約束をして会っていると、
ヨンソクとマリの姿が。
二人を目で追っていると急に抱き合った。
ジャリョンは誠意のないヨンソクに憤慨し、二人に迫った。
ジャリョンに気付くと、焦って言い訳するヨンソクだったが、
もう言い逃れはできないと釘をさした。
ヨンソクはもう会ったりしないから今回だけ見逃してくれとジャリョンに懇願するのだった。
一方ジンジュがいながら、マリと不倫をしていたヨンソクに、
我慢の限界のイングクはジンジュを呼び出す。
サンホの事故現場にヨンソクが映っていた証拠映像を突き出そうとするが、
ジンジュが子供を連れ幸せそうにしているのを見て、機を逃す。
オジャリョンが行く-120話
イングクはサンホの事故現場でヨンソクが映っていた証拠のデータをなくしてしまう。
急いで元のデータが保管されている場所に行くが、
すでにヨンソクが削除してしまっていた。
ギジャのことを調査していたベンノに新たな情報が流れてきた。
ヨンソクとマリが頻繁に会っていて、親しい間柄だというのだ。
マリのマンションから出てくる現場を何度も目撃させていた。
しかも車などの援助もしているという。
ベンノはしっかりとした証拠を掴むよう命じる。
ベンノはもしこれが本当なら、
自分とジンジュをだまして傷つけたことに対して、
必ず後悔させてやると誓うのだった。
一方ジャリョンはイングクがなくしたはずの証拠データを
ヨンソクの部屋で見つけるのだった。