韓国ドラマ-オジャリョンが行く-あらすじ-26話〜30話-最終回まで全話。ネタバレあり。高視聴率! キャスト(登場人物)はウニの息子役にイ・ジャンウ。キムマリ役にユ・ホリン。チョルス役にキル・ヨンウ。相関図、ロケ地、は日本語字幕の動画、BS日テレの放送でチェック!


こんにちは!韓国ドラマ大好きショウコです!
ヨンソクなかなか悪道いですね〜
サンホを完全に見捨てましたよね!
ジンジュもこのままヨンソクと結婚してしまうのか…
ゴンジュはジャリョンに妹扱いされてショックを受けてましたね…
この二人の恋の行方も気になるところです!
では続きをご覧ください!
オジャリョンが行く-26話
ゴンジュは、ヨンソクとの結婚を控えたジンジュに対し、
本当にサンホの遺言である、イングクとジンジュを結婚させろという言葉を
本当に伝えなくていいのかと、苦しむゴンジュ。
しかし、会社に関わることなので、
その遺言を墓まで持って行こうと決意する。
ベンノから届いた贈り物が気に入らないギジャとギヨン。
完全に見下されると激高する二人を横目に、呆れてため息をだすヨンソク。
オジャリョンが行く-27話
やっぱり偽装結婚とはいえ納得できないマリは、
ヨンソクの両親ギジャとギヨンに
ヨンソクの子供を身ごもっていることを伝える。
しかし、ギジャは別の人の子なんじゃないのかと
心ない言葉で反発する。
マリはこの言葉に憤慨する。
マリはこどもと自分を捨てることは許さないとヨンソクに対し語気を強めるが、
ヨンソクはこれを金で解決しようとするのだった。
一方、ジャリョンはなかなか就職が決まらず、自ら屋台を始める。
だが商売はそんなに甘くないことを思い知らされる。
ジェリョンは屋台をやってるジャリョンの姿を目撃し、
ジャリョンがクビになった事実を知る。
オジャリョンが行く-28話
ギジャはマリを哀れみ、子育ては私も協力するし、
金の工面もするから、ヨンソクのジンジュとの結婚を許して欲しいと説得する。
一方ジンジュはイングクのことがどうしても忘れられなかった。
しかし、故サンホの最後の望みの言葉もあり、
イングクにヨンソクとの結婚の報告をする。
イングクからねぎらいの言葉をかけられ、
その場を後にすると、泣き崩れるながら、
もう二度とイングクと連絡を取らないと決断するのだった。
結婚前夜、ギヨンはジンジュとこのまま結婚していいのか疑問を感じる。
それをヨンソクとギジャに伝えるが、
もう遅いと、それを突っぱねるのだった。
一方、大手グループの結婚式を盛大に行うため、
友人から報酬を払うからと手伝いにかり出されたジャリョン。
その結婚式場に、まさかのゴンジュがいた。
オジャリョンが行く-29話
二人の結婚当日に出産したマリ。
ギジャは結婚式を欠席し、マリに付き添っていた。
マリは、ヨンソクを連れてこいと奇声をあげる。
結婚式終了後そのまま新婚旅行に行ったヨンソクに
戻って来てくれとヨンソクに懇願する。
一方、ジャリョンは屋台を続けていた。
繁盛していない様子が見て取れる。
そこをたまたま通りがかったゴンジュは
ジャリョンが屋台をやってるのを初めて知り、
心配そうに見つめる。
オジャリョンが行く-30話
ヨンソクとジンジュの新婚旅行が中断され韓国に帰ってきたことを
聞いたベンノは、一生に一度の新婚旅行をどうしてくれるんだと、
ギジャを叱り飛ばすのだった。
ギジャは病気にかかったから仕方ないと嘘をついてごまかしていた。
家に戻ったヨンソクは、
ジンジュとの結婚が正解だったのか悩むようになる。
マリはお世話になったイングクにお礼を言って、
その場から消えるのだった。
イングクは心配して声をかけたが、
こどもの父親もいるから大丈夫と嘘をついた。
一方ゴンジュは仕事場で、周りからいじめられ、傷心する。
無能なくせに親の力で入社できたと思われているからだ。
苦しいときはいつもジャリョンが助けてくれたのに、
と思い出すのであった。