韓国ドラマ-オジャリョンが行く-あらすじ-51話〜55話-最終回まで全話。ネタバレあり。高視聴率! キャスト(登場人物)はウニの息子役にイ・ジャンウ。キムマリ役にユ・ホリン。チョルス役にキル・ヨンウ。相関図、ロケ地、は日本語字幕の動画、BS日テレの放送でチェック!


オジャリョンが行く-51話
マリはジンジュの尾行を依頼し常にジンジュの動きを見張った。
その人物から連絡が来て、偶然なフリをしてジンジュと出くわす。
一方、ジャリョンを含め家族全員マンスがタクシーの運転手をしていることを知る。
ジャリョンに警察から連絡が入る。
マンスが暴力事件を起こしたというのだ。
警察署に行くとマンスがいて、
タクシーの客にいちゃもんをつけられ手をあげたようだ。
ジャリョンは被害者の客の元へ謝罪すると、
全く怒りが沈まっていないその客は、大金を要求してきた。
ジャリョンやジャリョンの家族の経済力ではとうてい払い切れない額だった。
ジャリョンもう一度出向き、被害者に頭を床につけ謝るが、聞き入れてもらえず。
一方ジャリョンに連絡をしないでと言ってしまったゴンジュは、
ジェリョンから慰謝料の大金の話を聞く。
ゴンジュは金持ちの家の人間であることを打ち明け、
その大金を肩代わりすることを考えるのだった。
オジャリョンが行く-52話
マリはジンジュと会い、車で家まで送ってもらう。
マリはわざとジンジュの車の中に忘れ物をする。
ジンジュは家に着くとマリの忘れ物に気付き、
マリに電話すると、マリはジンジュ家まで取りに来るのだった。
ジャリョンはどうしてもお金の工面ができず、
家族に慰謝料の話をする。
ソンシルはプライドを捨て、ベンノを頼り、お金を借してもらい、
そのお金でマンスは釈放された。
マンスが帰宅すると、ソンシルは泣いていた。
クビにされたことも、タクシーの運転手をやっていたことも
他人から知らされ、あげくのはてには警察沙汰という裏切り。
ベンノから借金するという屈辱。
さまざまな感情が入り乱れ、ショックを受けた。
それを見たジャリョンはマンスに対して、イライラする。
ゴンジュはマンスの気持ちも分かってあげてとなだめていた。
そんな中、ゴンジュはベンノに呼び出される。
実はゴンジュはジャリョンを救うために
内緒で口座から慰謝料分の大金を引き出していたのだ。
ベンノに激しく詰め寄る。
オジャリョンが行く-53話
マンスは家族に迷惑をかけ信頼を取り戻そうと毎日遅くまで就職活動をする。
そんな様子を見たベンノは、ヨンソクにマンスの就職ポストを作るようお願いする。
マンスはヨンソクの大手グループの警備員として就職が決まる。
それを聞いたソンシルはベンノやヨンソクに感謝をした。
一方ギヨンとジェリョンは酒の勢いでホテルに二人で泊まってしまう。
次の日、あれはなかったことにしようと二人で決めた。
マリの息子ソルが記念日を迎えていた。
もちろんヨンソクも祝いに来てくれるもんだと思っていたが、
言い訳をして来なかった。
憤慨したマリはジンジュを家に遊びに来てと誘った。
オジャリョンが行く-54話
ヨンソクのシャツを洗おうとした家政婦のソンシルは
そのシャツに口紅の跡があった。
そのことをギジャに報告する。
その報告を受けたギジャはマリの仕業だと激高し、
マリに手をあげた。
これに対し、マリはヨンソクにすぐさま連絡し、
ギジャに謝罪させないと、ジンジュに全てをバラすと脅すのだった。
一方、ジェリョンはギヨンと一夜を共にしたこたをジャリョンに告白してしまった。
オジャリョンが行く-55話
ジェリョンは一夜の過ちとして、ギヨンを忘れようとするが、
ジェリョンにとって初めての相手だっただけにギヨンが頭から離れなくなる。
ギジャに手を出され、頭に来たマリは、
ジンジュを家に呼び出し、ヨンソクと婚約してたことや息子ソルのことなど
全てを打ち明けてしまう。
ジンジュはあまりの衝撃的な事実に言葉を失う。
ショックを受けたままマリ宅を後にすると、
すれ違うようにギジャがマリ宅へ謝罪しに来た。
ヨンソクがギジャに激怒し謝罪をするよう言い聞かせたのだ。
マリもこの謝罪を受け入れたのだった。
ご飯を食べて吐き気を感じたジンジュ。
やっと妊娠かも知れない喜ぶベンノを横目に、
マリからヨンソクの真実を聞かされたジンジュは複雑な気持ちで病院へ行く、
ゴンジュはジャリョンと一緒にスキーに行く事になった。