韓国ドラマ-オジャリョンが行く-あらすじ-61話〜65話-最終回まで全話。ネタバレあり。高視聴率! キャスト(登場人物)はウニの息子役にイ・ジャンウ。キムマリ役にユ・ホリン。チョルス役にキル・ヨンウ。相関図、ロケ地、は日本語字幕の動画、BS日テレの放送でチェック!


オジャリョンが行く-61話
いよいよジャリョンが大手企業からの依頼を受けた商品が完成し、
いろんなお店で陳列されることになった。
その当日の朝、
急に発売の中止を告げられる。
まったく同じような商品が大手グループで発売されることになっていて、
しかも特許を取得していたのだ。
中止になった大手企業から違約金を支払えと言われ、
ジャリョンはショックで呆然とする。
一方ゴンジュは、自分の知らないところで、
ジャリョンの屋台の商品を製作されていたのを知り動揺する。
オジャリョンが行く-62話
ベンノからギジャに大激怒した話を聞いたソンシルは、
今どうしてるか気になり、ギジャに会いに行くと、そこにギヨンがいて、ビックリする。
ジャリョンが作った商品を盗用した大手グループがヨンソクの会社だと知り、
ヨンソクの仕業だと考えたジャリョン。
憤慨し、抗議しに行こうとしたが、
父マンスがその会社の警備員をやっているので、思いとどまる。
ヨンソクの会社から、その商品が発売されると、
ネット上で、アイディアを盗んだとウワサが流れ始めるのだった。
ジャリョンはあちこちに相談に行くが、特許を申請しなかったジャリョンが悪く、
法的にもATグループに勝つ方法はないと言われてお先真っ暗になる。
ジャリョンは商品登録の権利を取り戻すためになんとかならないか弁護士事務所などで聞いてみるが、
先に商品登録をされたらもう勝ち目はないとバッサリ言われてしまう。
しかもジャリョンの屋台での販売も中止にされ、最悪な状況に陥る。
ゴンジュは、ヨンソクがジャリョンの屋台を視察しに来ていたことを知り、
確信犯だと激高する。
オジャリョンが行く-63話
正月にジェリョンから紹介されたギヨンがギジャの家にいて、
びっくりしたソンシルは、どうゆうことのなのかギヨンに尋ねると、
ギヨンがギジャの妹であること、
さらには、ジェリョンよりも10歳も年上だったことを知る。
これを聞いたソンシルは、ジェリョンと別れてくれと頼む。
ジェリョンに本気のギヨンは結婚も考えてると答えるのだった。
ジャリョンはヨンソクのいる会社の前でデモをするが、警察が来て連行される。
警備員の父マンスが止めに入るが、力及ばす。
ゴンジュもデモに気づき外へ出てきたが、間に合わず。
マンスは仕事を与えてくれたヨンソクとはいえ、
息子があんな目に遭いもう黙ってられない。
ヨンソクに直接猛抗議したが受け入れてもらえず、
盗用なんかする会社で働けないとその場で辞職する。
オジャリョンが行く-64話
違約金もなんとか払ったジャリョン。
家族の中で、父マンスにだけ、
大変な損失をし、屋台も失ったことを話すと、
マンスも自分の息子を陥れた会社なんかやめてきたと言って、
一緒に商売をやってみようと、奮起を促すのだった。
ゴンジュは、失望しているジャリョンと会い、抱きしめて励ました。
そのとき、ヨンソクが抱きしめあってるジャリョンとゴンジュを目撃してしまう。
ヨンソクは二人の調査にでるのだった。
一方、ベンノがソンシルに、せっかく紹介した警備員の仕事をマンスが辞職したことを話してしまう。
ジンジュはベンノが秘書を探していたので、マリにその話を勧めてみるのだった。
オジャリョンが行く-65話
ゴンジュの様子がおかしいと感じたジャリョン。
ゴンジュを少し調査してみると、
自分の商品を盗用し、屋台を潰した大手グループの娘だという事実を知ってしまった。
ゴンジュはずっとこのことを言い出せず、ジャリョンと付き合っていたのだ。
ジャリョンはショックが大すぎて、泣き出し、ゴンジュに連絡しなくなった。
ゴンジュは急にジャリョンと連絡がつかなくなり、心配になるのだった。
ヨンソクはゴンジュとジャリョンの仲を知ると、
ベンノにゴンジュに見合いをさせた方がいいと勧めた。
これを聞いていたジンジュは、ゴンジュには自由にさせてあげてとベンノに懇願した。
一方ソンシルは、夫マンスがなんの相談もなしに警備員を勝手にやめ、ショックを受けていた。
せっかく仕事を紹介してくれたベンノとヨンソクに謝罪をすると、
ヨンソクはソンシルも家政婦から辞めさせてくれとベンノに言い出すのであった。
ギヨンは急な吐き気をもよおした。
まさかと思い、妊娠検査薬で調べてみると、
陽性の反応が出たのだった。