韓国ドラマ-オーロラ姫-あらすじ-
最終回まで全話-感想あり(ネタバレも)-BS朝日で放送-最高視聴率23.1%!
人物相関図も複雑?評判は?豪華キャスト!


こんにちは!ショウコです!
チヨン兄はダジに思いを伝えて、将来の事まで話し、
ナターシャには最期の言葉までかけたのに…
ナターシャが出て行ったら会いに行っちゃうってどういうこと!?
やっぱりチヨン兄は男性が好きなのかな。
ダジはチヨン兄の過去を知らなかったのに、
これでナターシャに戻ったら可愛そう><
では、気になる続きをどうぞ。
「オーロラ姫」
31話
チヨン兄は、ナターシャの事も大切に思う気持ちに変わりはないんですね。
ただ、とはいえナターシャは男。
自分はダジと一緒になりたい事をもう一度きちんと伝える。
チヨン兄の気持ちを理解したナターシャはそのまま姿を消し、
ダジに対する憎しみを持つ事をやめた。
そんなナターシャの事を偶然見つけたママのお姉さんは、
彼に一気にぞっこんとなる。
もちろん同性愛社だということは知らない。
ロラはママの事を振り切れきれない。
やっぱり周囲の事を気にしているだけで、
本当はママと一緒にいたいのかな。
32話
ナターシャがいなくなり、家のことをやってくれる人がいなくなった。
チヨンの母親は、チヨン兄がダジがいいというのなら
ダジに手伝わせようかと考え始める。
ロラは大きな仕事の契約に成功した。
これで少しは家計を助ける事ができると喜ぶ。
ロラは、ママが自分の母を実の母親のように大切にしてくれていることを
改めて考えるのだった。
そして、決断しましたね。
ママの家族に、やっぱり自分はママと家族になりたいと宣言します。
二人は一緒にがんばることを約束する。
33話
ロラは、ママの家族にママとの交際を許してもらえるように頑張ります。
しかしママにはもう奥さんになる人がいるのだとロラに話す。
もちろん、ママ自身もそんな話は聞いていなかった。
家族はどうにかロラとママを引き離さなくてはと考えているが、
ママはもうロラとロラの母親と本当の家族のように過ごしていた。
でもママの家族はそう簡単には引き下がりません。
ロラにところに乗り込んで、ママの事を諦めさせようと必死です。
今日の感想
ママのお姐さん達はどうしてこうも、ロラとの交際を反対するのでしょうか。
ロラとママだけでなく、ロラの母親までもがみんな家族のように幸せだというのに。
自分たちが決めた奥さんをもらわないうちは、
ママの事に口うるさくはまるんでしょうね。
ダジはチヨン兄と一緒になる決意をして、
チヨンの家で一緒に暮らしているけど
やっぱり嫌がらせを受けていて可哀想。
そう簡単には幸せは手に入りませんね…