韓国ドラマ-嵐の女-あらすじ-詳細-100話~105話-これぞ韓国ドラマの愛憎劇。視聴率は15%オーバー!パクソニョン主演。DVDラベルも愛憎感たっぷり。BS11でも過去放送の人気番組。


「嵐の女」
「第100話」
すでに被ったものでは足りなかった?
ミンジュ(イ・ユンジョン)のことを世間に知らせたのがミヨン(ソン・イウ)とヒョンソン(チョン・チャン)だということを知ったヘビン(コ・ウンミ)は怒りに満たされ訪ねて行くが、ヒョンソンが差し出した札に驚く。
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)はジョンイム(パク・ソニョン)がヒョンソンの事務室に行くのを見て気になり後を追って行くのだが..
「第101話」
兄が再びジョンイム氏にこんなことをしないよう 私が防ぎます
ヘビン(コ・ウンミ)のことで会社のイメージに打撃を受けたジュンテ(ソヌ・ジェドク)はヘビンにチーム長職を退き会社から出て行けと言う。
ヘビンはヒョヌ(ヒョン・ウソン)とジュンテが結婚契約について話しているのを聞くことになり…
「第102話」
私は何があっても ジョンイム氏をあきらめない
ヒョンソン(チョン・チャン)はジョンイム(パク・ソニョン)へのヒョヌ(ヒョン・ウソン)の心を整理させるためにスンマン(ユン・ソジョン)にジョンイムとジュンテ(ソヌ・ジェドク)の結婚の話を流す。
ヘビン(コ・ウンミ)とヒョンソンはジョンイムとジュンテの結婚契約書を探すため、それぞれムヨン(パク・ジュンヒョク)とミヨン(ソン・イウ)をジョンイムの家に送るのだが..
「第103話」
私は口を閉じない
ジョンイム(パク・ソニョン)とジュンテ(ソヌ・ジェドク)の結婚契約書はヒョンソン(チョン・チャン)の手に入る。
ヘビン(コ・ウンミ)は契約書を再び奪い取るため、ヒョヌ(ヒョン・ウソン)にこの事実を知らせ…
一方、ジュンテとの結婚の事実と関連し、ノ画家(ユン・ソジョン)を騙していることになるのではないかとの思いにジョンイムは心苦しさを感じ..
「第104話」
私たち ただ結婚するのはどうですか?
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)はジュンテ(ソヌ・ジェドク)にヒョンソン(チョン・チャン)が結婚契約書を口実としてジョンイム(パク・ソニョン)を脅迫していると話す。
ヒョンソンはポンソン(パク・ジョンスク)の助けを受けてジョンイムをギャラリーの外に呼び出し、翼の形の指輪が付いたネックレスをプレゼントするのだが…
「第105話」
ト・ジュンテより パク・ヒョヌを守りたい
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)はジョンイム(パク・ソニョン)に指輪が付いたネックレスを渡し、ジョンイムがそれを取ろうとするとそのままグッと抱きしめる。このシーンをジュンテ(ソヌ・ジェドク)とムヨン(パク・ジュンヒョク)が見ることになり…
一方、ヘビン(コ・ウンミ)はキム弁護士に多額のお金を与えヒョンソン(チョン・チャン)がジュンテを引き下ろすための準備をしていることを知る。