韓国ドラマ-嵐の女-あらすじ-詳細-25話~30話-これぞ韓国ドラマの愛憎劇。視聴率は15%オーバー!パクソニョン主演。DVDラベルも愛憎感たっぷり。BS11でも過去放送の人気番組。


「嵐の女」
「第25話」
あなたたちのしたこと 全て明らかにする!
ジョンイム(パク・ソニョン)はテーマパーク鳥観図公募展で一位になり、ヘビン(コ・ウンミ)はヒョンソン(チャン・チョン)が自分を陥れようとしたと思い怒る。
一方、ヒョヌはソユンの変化をチェックした方が良いと思うと言い病室にカメラを設置するが…
「第26話」
ここで私の人生を終わらせることはできない…
事故の加害者がミンジュだという事実を知ったジョンイム(パク・ソニョン)の母は、事実をすべて明らかにすると言い外に飛び出し、交通事故に遭う。
一方、ジュンテ(ソヌ・ジェドク)は公募当選者であるジョンイムを会社に入社させ、プロジェクトに合流させるのはどうかと提案するが…
「第27話」
踏みつけてしまおう 二度と飛びかかれないよう
ヘビン(コ・ウンミ)はジョンイム(パク・ソニョン)に、おばさんが使っていた荷物だと言いカバンをジョンイムの目の前に投げる。カバンの中に入っていた物がこぼれ、ジョンイムとジョンイムの母が共に撮った写真の額縁にヒビが入ったのを見たジョンイムは腹を立てヘビンの頬を殴る。
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)はジョンイムが夢うつつに涙を流して母を探す姿を見て心を痛める…
「第28話」
この席で 絵をもう一度描いてみるよう提案します
ヘビン(コ・ウンミ)はジョンイム(パク・ソニョン)の絵に盗作疑惑をかけ、会社職員にジョンイムとは距離を置くよう指示する。ジョンイムはヒョンソン(チョン・チャン)が推薦したギャラリー写真展に立ち寄り、ヘビンが画家だと言う人にお金を渡しているシーンを目撃するのだが…
「第29話」
気になる人は ハン・ジョンイム氏 あなたです
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)が自分の上着とマフラーをジョンイム(パク・ソニョン)に着せているところを見たムヨン(パク・ジュンヒョク)はジョンイムに近づきヒョヌの服を投げ、自分の服を着ろと言う。
ヘビン(コ・ウンミ)はノ画家(ユン・ソジョン)の前にひざまずいてミョンエ(パク・ジョンス)がギャラリー館長を続けることができるようにしてほしいとお願いするのだが…
「第30話」
おかしくなるかと思った..! あなたに何か起きたのかと
バイヤーがジョンイム(パク・ソニョン)の手首をとらえて荒々しく揺さぶっている姿を見たヒョヌ(ヒョン・ウソン)はバイヤーを殴り飛ばす。バイヤーはヒョヌを告訴すると言い…
一方ヒョヌの無罪を立証することができるはずの職員は、バイヤーからのセクハラはなかったしジョンイムが誤解したのだろうと嘘をつくのだが…