韓国ドラマ-嵐の女-あらすじ-詳細-54話~59話-これぞ韓国ドラマの愛憎劇。視聴率は15%オーバー!パクソニョン主演。DVDラベルも愛憎感たっぷり。BS11でも過去放送の人気番組。


「嵐の女」
「第54話」
私の思いだけでも 分かってくれたらいい
ヒョヌ(ヒョン・ウソン)がヒョンソン(チョン・チャン)とヘビン(コ・ウンミ)の家族だということを知ったジョンイム(パク・ソニョン)とポンソン(パク・ジョンスク)はヒョヌに裏切られたと感じる。
療養院で偶然にヒョンソンとチョ検事が会っているところを見ることになったジョンイムは、入居看護人を止めさせることはできないのかと話すヒョンソンのことを卑劣に感じ…
「第55話」
会長はどちらの味方なの?
ヒョンソン(チョン・チャン)は投資を受けるためグレース・ハンの絵を買いたいと思い、ジョンイム(パク・ソニョン)はジュンテ(ソヌ・ジェドク)がどちらの味方なのか確信が持てない。
ジョンイムは調べたい人がいる時はピーターを通して裏調査をしようと考え…
「第56話」
しようとしているその復讐 私が助ける事もできる
ジョンイム(パク・ソニョン)はピーターを通してヒョンソン(チョン・チャン)ではなくジュンテ(ソヌ・ジェドク)に絵をプレゼントし、ヒョンソンはグレース・ハンと共にコラボ事業を進めようとする。
ジュンテはジョンイムに、自分が復讐を助けることもできると提案するのだが…
「第57話」
これがなぜここに…
ジュンテ(ソヌ・ジェドク)はチェスを比喩にしてジョンイム(パク・ソニョン)が‘グレース・ハン’だという事実を知っていると話す。自分をゲームの参加者とし、ジョンイムがどんな版を組んでいるのか知りたいと言うジュンテの言葉にジョンイムは清々しさを感じる。
一方、ヘビン(コ・ウンミ)とヒョンソン(チョン・チャン)はそれぞれグレース・ハンとのコラボをするためピーターと接触するのだが…
「第58話」
お母さんが亡くなられたのは事実ですか
ジョンイム(パク・ソニョン)はジュンテ(ソヌ・ジェドク)を通し、スンマン(ユン・ソジョン)がモンセンイの死を知っていることを知る。
ミヨン(ソン・イウ)の助けを得て、ミョンエ(パク・ジョンス)はスンマンを館長室に連れて行くことに成功し、ジョンイムはスンマンを捜しまわるのだが…
「第59話」
絡まりを利用しなくちゃ
ジョンイム(パク・ソニョン)はスンマン(ユン・ソジョン)を世話する看護人としてミョンエ(パク・ジョンス)を推薦し、ミョンエの事務室にカメラを設置する。
ヒョンソン(チョン・チャン)とミヨン(ソン・イウ)の関係を知り、これを利用することにするのだが…