韓国ドラマ-嵐の女-あらすじ-詳細-83話~88話-これぞ韓国ドラマの愛憎劇。視聴率は15%オーバー!パクソニョン主演。DVDラベルも愛憎感たっぷり。BS11でも過去放送の人気番組。


「嵐の女」
「第83話」
母さんをこんな風にしたのは君たちだってことだ!
ヘビン(コ・ウンミ)はミヨン(ソン・イウ)が自身の物品ではなく夫であるヒョンソン(チョン・チャン)を欲しがっていたのだと自覚し頭にきてミヨンの頬を殴る。
倒れたスンマン(ユン・ソジョン)はヘビンとミョンエ(パク・ジョンス)の蛮行を思い出し、痴呆の原因が二人であることを知ったジュンテ(ソヌ・ジェドク)は怒るのだが..
「第84話」
私は極端な行動すら厭わない人です
ヘビン(コ・ウンミ)とミョンエ(パク・ジョンス)の行動に怒ったジュンテ(ソヌ・ジェドク)はヘビンに家から出て行けと言うが、ジョンイム(パク・ソニョン)は二人のことは自分に任せてくれと言う。
ヒョンソン(チョン・チャン)の頼みでジョンイムは電話でヒョヌ(ヒョン・ウソン)を呼び出すのだが…
「第85話」
私は本気だ、ハン・ジョンイム氏に
ミヨン(ソン・イウ)はこれ見よがしにヒョヌ(ヒョン・ウソン)に接近し、ヒョンソン(チョン・チャン)はそんなミヨンの行動が気に障る。
ヒョヌはジュンテ(ソヌ・ジェドク)を訪ねて行き、ジョンイムとの結婚は契約であると知っていると語るがジュンテはジョンイムへの思いは本物だと言い..
「第86話」
あなたの側にいたいんです 行かないでジョンイム氏
ジュンテ(ソヌ・ジェドク)はヒョヌ(ヒョン・ウソン)にギャラリー法律諮問を止めろと言い、自分を排除しようとするジョンイム(パク・ソニョン)の行動にヒョヌは苦しむ。
トンイの行方を知ったジョンイムはトンイを探しに行こうとするのだが…
「第87話」
トンイ、一度会って
トンイに会うためアメリカに行こうとしていたジョンイム(パク・ソニョン)はジュンテ(ソヌ・ジェドク)を通し、トンイが父と一緒に韓国に帰ってきたことを知る。
ジュンテはヒョヌ(ヒョン・ウソン)がジョンイムと一緒に空港に行ったことを知り、トンイの父はヘビン(コ・ウンミ)に会うのだが…
「第88話」
ト・ヘビンがなぜトンイを探しているのか その理由を一度聞いてみよう
ジョンイム(パク・ソニョン)と電話した後トンイはカフェから逃げ、ヘビン(コ・ウンミ)とジョンイムはトンイを探し始める。
トンイとトンイの父を見つけたジュンテ(ソヌ・ジェドク)はヘビンがトンイを探している理由を聞くことになる…