韓国ドラマ-愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-101話〜104話


愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
101話
ウヌが乗っている電車が走り出す。
ヨジンはその電車を追いかける。
ウヌがそれに気づき、手を差し伸べる。
なんとか手が届き、無事ヨジンはウヌの元へ。
それを同じように追いかけていたジホンに見られる。
ジホンはヨジンを呼び止めても聞く耳を持たなかった。
ジホンは複雑な気持ちながらチャン検事の元へ。
チャン検事にウヌを捕まえてくれと依頼する。
ウヌとヨジンは静かな場所で二人の気持ちを確かめ合うのだった。
102話
ペンションに二人の時間を過ごしていたウヌとヨジン。
娘が心配になり、そろそろ帰らないととウヌに伝える。
ウヌはヨジンを引き止める。
今夜だけは一緒にいて欲しいとお願いした。
ジホンは、ウヌとヨジンが二人で電車に乗ってどこかへ出掛けてしまったことをウンソに伝える。
ウンソはウヌとヨジンの元へ行こうと考える。
103話
ジホンの元へマスコミがづけづけとやってきて、
スンテの命が絶たれた事件のことを質問してくる。
ジホンは自分の妻がウヌに誘拐されてしまったと答えた。
そうすると、
テレビの報道番組に、ウヌがヨジンを誘拐していると報道されてしまう。
ウンソはそれを観て、慌ててジホンに連絡し、
マスコミに行って、そんな事実はないと撤回してくれと絶叫する。
一方ウヌは、ヨジンにウンソとミニョンのためにも
自首しようと思うと、伝える。
ヨジンはそんなことしないでと止めてしまう。
104話
ウヌも報道番組で自身が報道されていることを確認する。
しかもスンテの命を絶ったことと、ヨジンを誘拐している容疑者として。
ウヌは愕然とする。
ウンソはミニョンを寝付かせながら、ウヌが無事であることを祈るばかり。
一方ジホンは、ヨジンが自身とミニョンの移植手術のために
色々調べてくれたり、協力してくれていることを知って、
涙を流していた。