愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-33話〜36話


愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
33話
ヨジンは、母の通院以外で病院でなにをしてると疑われ、
なんでもないと伝えても責めたてて来るジホンに、
ヨジンは我慢し切れずはジホンに手をあげる。
自分の息子が手をあげられたのを目視した姑は激怒。
ジホンはそれを許したものの、
ヨジンは次の日の朝から、私には娘イェスルだけしかいないと開き直り、
テキパキとした行動を見せた。
ジホンが病院から帰る帰り道、大恋愛をしたが別れて後悔した相手、
ウンスらしき人物を目撃した。
なりふり構わず近くを通っていたタクシーに乗り、追跡する。
34話
ヨジンは娘を連れて家を出る。
ウヌとの関係も断ち切ろうと考えた。
ヨジンは電車に乗ると、ウヌも後をつけて同じ電車に乗った。
ウヌに気付いたヨジンが車両を変えようとする。
ウヌは傷心しながら、ヨジンを追いかけつかまえ、
どんなときもあなたを支え、幸せにすると涙ながらに伝えるが、
ヨジンはこれに対し、
私は人妻で、娘もいる。若い男性と関係をもつ気はないと
涙を流しながらもきっぱりと断る。
一方、チャン検事はウンソの元へ行き、
ジホンの結婚生活がうまくいってないことを伝える。
35話
チャン検事は、ウンソに、ジホンの結婚生活がうまく行ってないことを伝え、
一度会ってやってくれないかと誘う。
ウンソは一回だけならいい、
ただしその後は二度と会わないという、条件付きで承諾する。
そしてウンソの店にやってきたジホン。
約10年ぶりに再会した。
ウンソはつらい気持ちを隠しながら、
わざと世間話など息つく間も無くしゃべり続け平静を装う。
ジホンは昔のウンソとのあまりのギャップに言葉がうまくでてこない。
36話
ウンソは今更昔の話をされてもしょうがないとジホンに伝える。
それを聞いたジホンは茫然自失になり、店の外に出て座りこむ。
ウンソはトイレに駆け込み、むせび泣く。
そんなところにスンテがやってきた。
ウンソが泣いているので、どうしたのかと心配すると、
昔の男に会ったら色々思い出して泣いてしまったと伝えると、
スンテは激怒。
ウンソにそいつはどんな男だと大声を張り上げ、責め立てる。
ジホンは店の外にいながら、激怒した男の声が聞こえ、動揺する。