愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-41話〜44話


愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
41話
スンテは早速、闇組織の仲間のところへ行き、
以前にも話した、ウンソが10年もの間、引きずっていた男を探し出してくれと頼む。
その頃ウヌがミニョンのお見舞いに来た。
ウンソは寝ていて気付かないフリをして、泣いた顔を見せないようにする。
ヨジンや医師や看護士も一言も発さず黙っている。
ウヌはただならぬ空気を察知、スンテがなにかしたのかとすぐに勘づく。
チャン検事からウンソにジホンが会いたがっていると連絡が入る。
ジホンは、スンテとの関係に問題が起きたから、連絡を取らないほうがいいと伝える。
42話
ウンソの初恋がジホンだとは知らないヨジンは、避けたりせずに堂々としていなさいとアドバイスした。
そしてウンソの手をとって励まし…。
ジホンからまた会いたいと連絡が来て、スンテのこともあり、不安になるウンソ。
すぐにヨジンに電話をしてどうしたらいいか相談する。
ウンソの10年もの間引きずっている男がジホンだということを全く知らないヨジンは、
避けていてもなにも解決しないと、ちゃんと会って話し合ったほうがいいと伝える。
スンテはチャン検事が現れたことを知って、
またウンソがその引きずっている男と会おうとしていることを知ると、
スンテは大激怒。
ウンソの元へ行き、腕を強く引っ張る。
43話
ジホンの会おうとしているウンソに激怒したスンテが
ウンソに手をあげようと腕を振り上げる。
その時ヨジンが間一髪、二人の間に入り、スンテを止める。
ヨジンは、スンテがウンソにあげた婚約指輪をはめているウンソの指を見せる。
あなただけじゃなく、ウンソだって心を痛めていると伝える。
一方ウンソの連絡先を知ったジホンは連絡しようか迷っていた。
そんなとき、家に戻ると、
ヨジンが絵の教室を始めようとしていて、
そのチラシを作っていたのを見たジホンは、
恥をさらすなと激怒し、そのチラシをビリビリに破るのだった。
44話
ジホンにチラシを破られショックを受けているヨジンの元にウヌがあらわれる。
落ち込んでいるヨジンを強引に車に乗せ、広々とした工事現場に連れて行く。
ウヌは広大な壁を指し、ヨジンの好きなように描けと伝える。
ヨジンが絵を描き始めると、ウヌは車からヴァイオリンを取り出す。
ウヌはヨジンとコラボしたかのように、ヴァイオリンを奏で、
ヨジンを盛り立てるのだった。
まるで一つの作品、エンターテイメントのようだった。
一方ジホンは母に、ずっと引きずっていた女性に連絡してもいいものか?と聞くと、
母から好きなようにしなさいと言われる。
その言葉に吹っ切れたジホンは、ウンソに連絡をし、
思い出の地で待っていると伝えた。