韓国ドラマ-愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-61話〜64話


愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
61話
急に病院を辞職し現れなくなったジホン。
医師や看護士らもそうだが、
母親が一番困惑し、心配している。
チャン検事はジホンの母親にジホンの今の気持ちを伝えた。
母親はジアに、ジホンがいなくなったことを伝え、泣き出す。
チャン検事はジホンが行方をくらましたことを、
ウンソに電話で伝えた。
そして、もし連絡があれば必ず伝えて欲しいと。
ウンソはもう二度と会わないと伝えたからだと自分を責めた。
チャン検事はヨジンにもジホンのことを伝え、
ジホンの気持ちも分かってやって欲しいとお願いした。
62話
ウヌがヨジンを公園で誘い出した。
ヨジンは、ジホンがいなくなり、複雑な心境の中、
ウヌの顔も見ようとしない。
ウヌはその態度に気を悪くし、
俺はヨジンにとってなんなんだと、怒った。
一方、ジホンはチャン検事の前に現れる。
ヨジンとの結婚当初の思い出を話し、
なんでヨジンは自分に目を向けなくなってしまったんだろうかと話す。
チャン検事は、ジホンに自分の事だけでなく、
ヨジンのことも考えてあげなきゃと伝える。
ヨジンがそうなってしまったのも、
ジホン自身にも問題があったんじゃないかと、伝えた。
63話
ウヌはジホンが行方をくらましたことを知り、ヨジンを心配する。
夫に相手にされずいたたまれないヨジンに、
なにもしてあげられない自分がふがいなく感じた。
ウヌはそんな心境のまま家に帰ると、スンテがはしゃいでいた。
ウンソから洋服を買ってもらったようだ。
ウンソの気持ちの変わりようにウヌはびっくりした。
一方ジホンは、チャン検事からヨジンのことを諭されたことで、
今までなかった気持ちがわき起こる。
ウンソに電話したい気持ちももちろんあったが、
それ以上にヨジンと娘に申し訳ないという気持ちが出てきていた。
64話
ミニョンの病状が思わしくなく、つきっきりで看病するスンテ。
さらに家ではウヌにご飯を作ってあげるなど、
人が変わったように家族に尽くすのだった。
チャン検事はウンソの元へ。
ウンソに、ジホンを戻ってくるよう説得して欲しいと、
ジホンがいる場所のメモを渡す。
ヨジンに対する謝罪の気持ちが出て来たジホンは、
ヨジンの声が聞きたいと家に電話をかける。
すると、母親が電話を出たので、
とっさに謝罪の言葉だけを伝え、すぐに電話を切ってしまう。
それを姑から聞かされたヨジンは、自分への言葉はなにもないのかと
ショックを受ける。
ヨジンは辛くて、ウンソにその気持ちを打ち明けながら涙をながした。
チャン検事からメモを貰ったものの、
どうしたらいいかわからないウンソ。
しかし、とりあえずメモに書いてある場所へと足を運ぶのだった。