韓国ドラマ-愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-73話〜76話


愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
73話
ヨジンはウヌとのデートの準備をしていると、
ウンソから電話がかかってくる。
ヨジンはなんとなくウヌとの関係が気付かれたのではないかと勘付く。
ウンソは色々なことを言いたかったが、
ヨジンに自分が窮地に追いやられたときも支えになってくれたりしたことなどもあり、
複雑な想いから、グッと言葉を飲み込み、たわいもない会話で電話を切るのだった。
ヨジンはウンソのいつものような会話に、
取り越し苦労だったと感じた。
ヨジンと会ったウンソは、
電話では伝えられなかったが、はっきりウヌのことは諦めて欲しいと伝える。
ヨジンはそれを伝えられ、なにも言葉にできず呆然とする。
その後ヨジンはウヌに会うたびに後ろめたい気持ちになってしまう。
ウヌもそれを察知してか、
いつかは離れなくてはいけないと感じるのだった。
75話
ヨジンは娘イェスルの誕生日会のビデオを見返した。
その中にウヌが映っているのを見ると涙を流してしまう。
自分はウヌに支えられていたんだと強く感じるのだった。
ジホンは戻ってきた当初は、良い夫になるよう努力すると言ったが、
結局今では前と変わらない態度に戻っていた。
それもあり、ヨジンはどんどん孤独を感じて行く。
一方、ウヌはジョンスに女性を紹介してもらうが、
その女性と話しながらも心のどっかでヨジンのことを考えてしまうのだった。
76話
ウヌのタクシーで、
ヨジンが姑の通院に付き添っていくと、
冷たくあしらわれているヨジンを見て心を痛めるウヌ。
姑が診察されてる間、ウヌは特に言葉をかわさずも、ヨジンのそばにいた。
一方、ミニョンの退院が決まり、
ミニョンの退院当日になった。
ウヌに連絡をしてもつながらず、どうしたのかと心配するウンソ。
携帯電話をタクシーの中に忘れたウヌは、病院からタクシーに戻ると、
ウンソから何回も着信が来ていたことで、
ミニョンの退院の日だということを思い出し急いで向かった。