愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ-9話〜12話


こんにちは!韓国ドラマ大好きショウコです!
今回で10話を過ぎました!
日本版だと5話〜6話くらいですかね。
やっとヨジンとウヌの関係性が強くなってきましたね〜
待ってましたドロドロ!笑
ジホンと、ウヌの姉ウンソがどうなるのか…
そこも気になるところです!
それでは続きをご覧ください〜!
愛したい(愛は罪ですか)-あらすじ
9話
ジホンからクレジットカードを預かった姑は、
ヨジンにタクシーを呼べと伝える。
運転手を前回と同じウヌを指名しろと言うのだ。
ヨジンは、動揺し、タクシー会社に電話をしたもののの、
結局指名できず電話を切ってしまう。
ウヌはヨジンからの電話だと勘付くと、
ウヌがヨジンの家まで迎えに来た。
ヨジンの姑をタクシーに載せたウヌは途中で姉ウンソの店に寄り道する。
しかしウンソの姿はなく、従業員から話を聞くと、
ミニョンの希望で父スンテと母ウンソと遊園地に行ったのだとか。
裏社会にいて、姉ウンソを失望させたスンテをどうしても許す事ができないウヌは、
これを良く思わなかった。
10話
チャン検事からジホンに昔の恋人ウンソを見かけたことを伝えられると、
ジホンは思わずウンソとの大恋愛を思い出し、感傷にふけ、
仕事後飲みに出掛け、またもや泥酔すると、タクシーを呼ぶ。
そのタクシーの運転手が偶然にもウヌだった。
ジホンをタクシーに乗せ、家まで連れて行くと、
肩を貸し、ジホンを引きずるように運んだ。
玄関に出て来たヨジンはびっくり。
ジホンを運び終えたウヌは、家を後にする。
それを目で追うヨジンは、悲しげな様子だ。
翌朝、ヨジンが用意した朝食を食べようとしないジホン。
そんな愛のないジホンの態度に、
ヨジンは絶えられず
「昔、好きな人がいた」とあえて告げ、離婚したいと伝えるのだった。
ジホンはその言葉に激高し、絶対離婚はしないと意地になる。
離婚もできず、家庭内で孤立するヨジン。
一人涙を流すのだった。
そんなヨジンは、思わず、ウヌのタクシー会社に電話をかける。
11話
ヨジンの声を聞いて、
様子がおかしいことに気付いたウヌはすぐにヨジンの元へ向かった。
ヨジンの家に着く直前、姉ウンソから緊急の連絡が入ってしまう。
タクシーが来て、ウヌが来たと喜ぶヨジンだったが、
運転手がウヌではなく、肩を落とすのだった。
ヨジンはその代わりの運転手に
ウヌは純粋だからあまり手を出さないよう言われると、
ヨジンは自分が恥ずかしくなる。
12話
ウンソはスンテから今後の事を考えようと言われるが、
ミニョンのために戸籍に載せただけときっぱりと伝える。
ヨジンはウヌにもらった靴を捨てに、玄関に出ると、
先日のことを謝りにきたウヌがちょうどやってきた。
ヨジンは思わず笑みがでる。
何も知らない姑もウヌがお気に入りでウヌを歓迎した。
二人をタクシーに乗せ、運転し始めると、
音楽をかけてウヌは歌を口ずさむ。
ヨジンはそのウヌの姿が微笑ましく、母性本能がくすぐられる感覚でいた。