韓国ドラマ-愛してもいいんじゃない-あらすじ-詳細-43話~50話-視聴率16.8%の人気番組!BSジャパンで放送。キャスト情報、相関図、ラベルはDVDにて。動画はYouTubeで。1話から最終回


愛してもいいんじゃない
「第43話」
「チョン・ジェミンさんを本社勤務にさせません」
スネ(チャ・ファヨン)はヘシン(ユ・ジイン)と会い、ヒョンス(パク・クニョン)とは再婚をしないので、ジェミン(イ・サンヨプ)の中国支社行きを止めるようお願いする。
ジェミンの中国支社行きには、ヒジェ(チェ・ジョンウ)もまた反対だった。
ユジン(ユ・ホジョン)はスネとヒョンスの誠実な態度に、自身の行動が軽率だったことを反省する。そんなユジンをソンフン(キム・スンス)は慰めた。
「第44話」
「お父さんが失敗したらどうしたらいいの?」
スネ(チャ・ファヨン)はヒョンス(パク・クニョン)に二人で旅行に行こうと言われる。ヒョンスはスネの気持ちを理解して旅行することにする。そして二人は複雑な心情を抱え、旅行を楽しむ。
ユラ(ハン・ゴウン)はジュンソン(ユン・パク)に会いに行きジュンソンの母親に会ってしまう。そして母親の息子が好きな女性ならと信頼してくれる姿に動揺する。
「第45話」
「美しく立派に育てていただきまして有難うございます」
ヒョンス(パク・クニョン)とスネ(チャ・ファヨン)は旅行が終わり、静かに別れを受け入れた。
ジェミン(イ・サンヨプ)は申し訳ないと謝ったが、ヒョンスは彼を慰めた。
ミジュ(ホン・スヒョン)とハリム(ソ・ジソク)は着々と結婚準備を進め始める。
ジュンソン(ユン・パク)のことをユラ(ハン・ゴウン)は家族に打ち明ける。
「第46話」
「お父さんに変化が!」
スネ(チャ・ファヨン)はヒョンス(パク・クニョン)との別れの後、、総菜屋と家を引っ越す準備を始める。ホソプ(カン・ソグ)はミジュ(ホン・スヒョン)が結婚する姿を見て、これから悪いところは直していくと言い、家族に今まで申し訳なかったと謝った。
ジヨン(オ・ナラ)はスネが再婚しないのはユジン(ユ・ホジョン)とユラ(ハン・ゴウン)が原因だと勝手に考え、ユラに電話をかけて再婚させないこと問い詰めるが、そこで二人が別れることになった理由を聞かされる。
「第47話」
「そんなの恐ろしい」
ヒョンス(パク・クニョン)はシルバータウンに行く言い出し家族はなんとか引き止めようとする。しかしヒョンスの意思は固かった。
ヒョンスが病気を隠していることをソンフン(キム・スンス)は知って、ユジン(ユ・ホジョン)にそのことを話す。
ユジンとソンフンは治療を受けようとしないヒョンスに説得を試みる。
「第48話」
「あの人には絶対知られたくないんだ」
最終的にヒョンス(パク・クニョン)は説得を受けて病院に入院し、手術を受けることにする。
ユジン(ユ・ホジョン)とユラ(ハン・ゴウン)は不安でいっぱいだったが、ヒョンスにはできる限りのことをしようと思っていた。
偶然スネ(チャ・ファヨン)はヒョンスの具合が悪いことを知り、入院している病院にヒョンスを訪ねる。
ミジュ(ホン・スヒョン)はハリム(ソ・ジソク)との新婚旅行を無事終えて、ハリムの家に入り幸せな新婚生活を始める。
「第49話」
「妊娠するなんてびっくり」
ユラ(ハン・ゴウン)のところにジュンソン(ユン・パク)が訪ねて来て慰めてくれたことで、ユラはジュンソンを受け入れる決心をする。
ヒョンス(パク・クニョン)は無事に手術から目覚める。しかしユジン(ユ・ホジョン)は妊娠していることを知らずに看護を続けていたため倒れてしまう。
「第50話」
「いつもスネさんと一緒に私の心は存在している」
ヒョンス(パク・クニョン)は手術の後、順調に回復する。ユジン(ユ・ホジョン)はスネ(チャ・ファヨン)が密かに見舞いに来ていたことを知り、スネの真心に考えを巡らした。
ユラ(ハン・ゴウン)は正式にジュンソン(ユン・パク)を家族に紹介する。
ハリム(ソ・ジソク)とミジュ(ホン・スヒョン)はジェミン(イ・サンヨプ)とハギョン(シン・ダウン)の二人がうまく行くように願っていた。