韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-16話〜18話
2012年に放送された連続テレビ小説。1970年前後が舞台の夢と愛がテーマの青春ドラマ。
最終回視聴率19.2%をマーク!人気がありすぎて175話まで延長したんだとか。
こちらでは、BS日テレと同じ、全88話にして配信!ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
スンヒとミョンジュは実は本当の親子だというのに、
いつになってもミョンジュのスンヒに対する誤解は解けませんね、、、
個人的にはいつまでたってもスンヒになつかないヨンホンが逆に笑えます。笑
では楽しんでご覧下さい!
「愛よ、愛」
16話
大学でスンヒを待っていたテボムは、アクセサリーをスンヒにあげようとするがスンヒは悩む。
受け取ってくれと頼むテボムの言葉に、スンヒは悩みながらも受け取った。
テボムの社長はスンヒにヨンホンの世話をしてくれていることを本当に嬉しく思っているし、
スンヒを連れて来てくれたテボムにもそう思っていた。
相当にテボムを気に入っている社長は、テボムをヨンホンの婿にと考えていたのだ。
一方、ヨンホンにはノギョンに婿に来てほしいと願う妻は、
スンヒとテボムは素敵なカップルになるのではという。
社長はテボムに女性のタイプを聞くと、スンヒそのものだったのだ。
ノギョンが帰ってくると、ソンヒと再度会ってみようかと考えていることを話すミョンジュ。
しかしテボムとスンヒが一緒にいるところを見てしまったばかりのノギョンは上の空。
スンヒの話をしても興味のなさそうなノギョンを見て、少しほっとするミョンジュだった。
お金を工面してくれたのが院長だということを知らないユンシクは、ヤンジャがちょくちょく院長と会っていることや、一緒にいる姿を見かけては腹立たしく思っていた。
ヤンジャに聞いても、借金のことを秘密にしているヤンジャは隠し続けている。
一方、ミョンジュはスンヒと会おうと決心してスンヒに電話で会う約束をします。
しかし、ある有名画家のことを書いているのが校内で話題になっているのを知り、
それを書いたのがスンヒだとわかったノギョンはスンヒを探し出し、連れ出してしまいます。
警察署で取り調べを受けることになってしまうスンヒ。
何も知らないミョンジュはお店でスンヒを待ち続けています。
待てども待てどもスンヒは来ません。
まさかノギョンに捕まって取り調べを受けていることなど知る由もなす、
お店にも来ず連絡もないスンヒのことをますます嫌な子という印象に。
そのことで、ミョンジュは約束も守れない子は従業員にはできないと考える。
社長の家でも連絡もなく帰ってこないスンヒを心配していた。
ヨンホンはスンヒが家庭教師の仕事をサボったから辞めさせるように父親に言っていた。
スンヒの取り調べも一段落し、更に上司にも褒められるノギョン。
しかしまさか相手がスンヒだとは。ノギョンは複雑な気持ちで母親のお店に戻った。
しかしそこで、行方不明のスンヒを探すテボムと遭遇する…
一方、ヤンジャは院長がお金を貸してくれたということをなぜか隠し続けている。
そんな事情も知らないユンシクは、院長とヤンジャの仲をますます勘ぐるようになるのだった。
17話
連絡も取れず、外泊をしているスンヒを心配するテボムは、
ノギョンに聞くが、警察署にいたことをかくしているノギョン。
大学へ行ってみると、スンヒが記事を書いた雑誌が話題になっているのを聞きつけたテボム。
急いでノギョンのいる警察署へ行くが、スンヒには会わせてもらえなかった。
このことで、ミョンジュもさらにスンヒへの印象は悪くなるばかりで、
社長もこのことでスンヒへ不信感を持ってしまったようです。
お金を貸してくれたのが院長だとは知らないユンシクは、ヤンジャと院長とのことが気がかりで仕方がない。
勘ぐってばかりなので、喧嘩がたえなかった。
ヤンジャばかりでなく、家族全員、病院へ行くことを辞めろと言うが、気に入らないヤンジャ。
ノギョンはスンヒを無罪として家へ帰し、自分も帰宅した。
テボムは、自分がプレゼントをした有名画家の絵が原因でこうなったのではと自分を責めた。
そしてスンヒを慰めようと夕食に誘うのだが、これをこっそりヨンホンが聞いていた。
スンヒが社長家族へ謝るなか、テボムとのやりとりを見ていたヨンホンは、
テボムといい仲なのだろうと勘ぐっている。
一方、スンヒを無罪にして返したノギョンは上司から停職処分をくらうこととなる。
そんなこととは知る由もないスンヒ。
警察署以来にノギョンと会うが、これ以上関わりたくないと彼に言う。
その頃、病院では院長とテボムの母親のことが話題になっていた。
それは、院長の娘は実はテボムの母との間の子供ではないかということだった…
18話
もう、関わらないでくれというスンヒに、ノギョンは納得がいかない。
自分を釈放してくれたおかげで、まさか停職処分になっていることなど知らないスンヒは、
警察署にいたノギョンに対しての恐怖心でいっぱいだったのだ。
テボムもまた何も知らず、スンヒに謝るようにノギョンに言うが、その必要はないと断られてしまう。
心配で大学でスンヒを待つテボムは、前よりは少し元気になっているようでほっとしつつ、自分がプレゼントした髪飾りをつけていてくれているのを見て嬉しくなる。
スンヒのことを気に入らないヨンホンは、どうにかスンヒを辞めさせようと父親に話すが、
父親はスンヒを信じてヨンホンの話は聞きません。
会社では仕事がうまくいった社長が、テボムをさらに認め、
是非ヨンホンの婿にと思うが、妻はノギョンをと考えている。
ヨンホンとテボムをくっつけたい社長は、二人を食事に誘い、デートをさせようとした。
社長が抜け出して二人きりになった時、ヨンホンはスンヒが検警察署にいたことや、
ノギョンの停職処分についてもテボムに話してしまう。
家では、家事などはするようになったものの、スンアのこれからのことを安ずる家族が、
知り合いのお店を紹介しようとしていた。
今日の感想
停職処分になっているノギョン。
これを知ってしまったテボムはいったいどうするのか??
また、全てを知っているヨンホン。
スンヒのことをよく思っていないし、、、
彼女もこの話をどうするつもりなのか??
展開が早くて楽しいですね!
次回もお楽しみに!