韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-64話〜66話-最終回まで全話を配信!
2012年に放送された連続テレビ小説。1970年前後が舞台の夢と愛がテーマの青春ドラマ。
最終回視聴率19.2%をマーク!人気がありすぎて175話まで延長したんだとか。
こちらでは、BS日テレと同じ、全88話にして配信!ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
スンヒも、ミョンジュとユンシクの関係を知ってしまいましたね。
ノギョンが知るときはいつ来るのか…
そしてテボムの行動も気になるところです。
ミョンジュも、まさか応援しているスンヒが自分の娘だとは
まだ知らずにいますが…どうなるのでしょうか??
「愛よ、愛」
64話
スンヒはダミウルに帰って、ソウルで聞いてしまったことをユンシクに確認した。
ユンシクは隠すことなく、それを認めた。
スンヒは驚愕した。
まだ何も知らないノギョンは、スンアのところへいるヤンジャのもとへ行き、スンヒとの結婚を許してもらえるように、泣きながら伝える。
スンヒがいなくなったのを心配しているヤンジャ。
スンアは、自分がユンシクとミョンジュの関係を言ったからユンシクのところに確認しに行っているのでは?
というと、ヤンジャはビックリして家に急ぐ。
スンヒはヤンジャに相談する。
ノギョンとの結婚を諦めたほうがいいのか悩み始めていた。
しかしノギョンへの気持ちは変わらない。
ヤンジャもまた、ユンシクにされたことが悲しくて悩んでいた。
とうとうヤンジャは決心した。
ミョンジュの言う通り、親の都合で子供を苦しめるのは嫌だと思ったのだ。
ユンシクとおばあさんが、スンヒとノギョンの結婚に反対し続けるなら、スンヒと一緒に家を出ると言い出した。
状況を知ったテボムはスンヒに元気を出して欲しくて話を聞いてあげている。
少し表情が晴れたスンヒ。
しかしスンヒに会いにダミウルに来たノギョンは、その様子を見てしまう。
あまりに頻繁にスンヒに会っているテボムに少しきつく言うノギョン。
だがテボムは、スンヒを元気にしてやれるのは自分だと言った。
ノギョンには任せておけないと。
スンヒの家にノギョンが来て、ユンシクとおばあさんに結婚の許しを請う。
ヤンジャもユンシクを説得しようとするが、まったく話を聞いてもらえない。
スンヒとノギョンを応援すると言い切るヤンジャ。
二人は、二人の人生を生きようと決意し、遠くへ行こうとしていた。
しかしそれに気づいていたおばあさん。
二人のところへ現れて、ユンシクとミョンジュのことを話し始めたのだ。
ミョンジュの母親は、最近よくミョンジュが産んだ赤ちゃんの話をしている。
コプタンは、いつミョンジュに本当のことがバレてしまうか怖かった。
その話をスンアは聞いてしまう。
まさかミョンジュとユンシクの間に子供がいたなんて。
テボムは母親のところに行き、ヨンホンとの結婚はできないと言う。
そしてスンヒを諦めていないことも話した。
スンヒの家を訪ねて来たテボムは、ユンシクにスンヒへの気持ちを伝える。
自分に対してそんな気持ちがないこともわかっているが、スンヒのことをどれほど大事かを伝えて帰って行った。
65話
二人で駆け落ちまでも考えたスンヒとノギョンのところに現れたおばあさん。
ミョンジュとユンシクのことをノギョンに話す。
ノギョンはビックリして、スンヒを置いたまま家に帰ってしまった。
スンヒは涙が止まらない。
テボムはソウルへ戻り、社長にヨンホンとは結婚はできないと断った。
社長はスンヒが関係しているのではと気づいているようだ。
テボムは海外赴任から帰って来てから、時折震えが止まらない。
社長から、テボムの話を聞いたコプタンは、ヨンホンを思えばテボムが許せない。
しかしもとからテボムを婿としてもらうのに反対だったので、少しほっとしている。
スンヒは悩んだ末に、お別れする前にミョンジュに会いに行くことを決めた。
ミョンジュの母親のいる老人ホームを訪ねると、コプタンとおばあさんが話をしていた。
ミョンジュとユンシクの間の子供の話だった。
スンヒはびっくりして聞き返すが、コプタンは去り、おばあさんも寝込んでしまった。
ミョンジュは、ヤンジャからの電話でノギョンもユンシクとの過去の関係を知ってしまったことを知る。
スンヒとどうするつもりか聞くが、答えない。
ミョンジュのことや、スンヒの家族を心配しているノギョンに、自分の気持ちを貫くように言うミョンジュ。
スンヒは再び老人ホームを訪ねた。
おばあさんはやっぱりスンヒをミョンジュだと思っている。
そしてミョンジュの赤ちゃんについて話しはじめた。
産まれてすぐに、コプタンが置いて来たと、、、
66話
老人ホームを訪れたスンヒに、ミョンジュだと勘違いして話しかけるおばあさん。
ミョンジュが産んだ子供は生きているのだ。
スンヒはコプタンの元を訪ねるが、記憶の曖昧な人の話を聞いてどうするのかと言われる。
テボムはノギョンにスンヒへの気持ちを伝える。
宣戦布告だ。
そして、スンヒのところへ行き、ヨンホンとの結婚の話は断ったと言った。
スンヒはミョンジュのお店に行った。
コプタンが来て話している。
ノギョンもミョンジュとユンシクとの間に子供ができていたことは知らない。
その子供にはほくろがあったと話しているのだが…
スンヒはそれを聞いてしまい、自分のほくろと同じであるということに気づいてしまう。
話を聞いてしまったスンヒは再びコプタンの家に行く。
コプタンはやっと口を開いた。
まさかユンシクとミョンジュの子供がスンヒだとは思いもしないコプタンは、全てを話した。
スンヒは悩んだ末、ダミウルに帰った。
ユンシクに本当のことを聞く為だ。
もしも、ミョンジュの子供がスンヒだとしたら…
ノギョンとは血が繋がっていないとしても兄妹ということになってしまう。
テボムはヨンホンとの結婚を断り、仕事上の人付き合いもあって社長にしばらく来なくていいと言われてしまう。
社長はヨンホンとの関係を考え直すか否かで、テボムをどうするか決めるようだ。
テボムの母親も、スンヒの両親もテボムの将来を心配している。
しかしテボムのスンヒに対する気持ちはまったく揺るがない。
今日の感想
とうとう、スンヒは自分はミョンジュとユンシクの娘なのでは??
と気づいてしまいましたね。
ユンシクは本当のことを話すのでしょうか。
だとしたら、二人は義理の兄妹ということに…
テボムは自分の仕事よりもスンヒを大切に思っていますが…
親同士も友達、本人同士も友達って相当気まずいですよね。