韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-70話〜72話-最終回まで全話を配信!
2012年に放送された連続テレビ小説。1970年前後が舞台の夢と愛がテーマの青春ドラマ。
最終回視聴率19.2%をマーク!人気がありすぎて175話まで延長したんだとか。
こちらでは、BS日テレと同じ、全88話にして配信!ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
前回は、スンヒのことを諦めきれないテボムが、スンヒに再度気持ちを伝えようとしていましたね。
スンヒにはまったく気持ちはなくてもいいというテボム。
混乱している最中に迷惑な話なような…汗
ノギョンもミョンジュもまだ事実を知らないでいるけど、
これ以上みんなが混乱するなんて考えるだけでも
頭がパンクしそうですね…
「愛よ、愛」
70話
スンヒへの気持ちを再度伝えるテボム。
その気はないと、スンヒはきっぱりと断ります。
しかしテボムは引き下がりません。
テボムをその場に残してスンヒは帰ってしまいます。
テボムが時折震えているのに気づいた社長は、テボムを心配していた。
勝手に診断書を見てしまったのだが、どうやら海外赴任中に受けた衝撃で、心の病気になっているようだと知る。
スンヒもテボムの様子がおかしいのに気づいていた。
社長のところへ行き、事実を教えてもらうと涙が止まらないスンヒ。
責任を感じているのだ。
テボムの海外赴任を承諾した社長もまた、責任を感じていた。
テボムに優しくしてやって欲しいとスンヒに頼む社長。
一方、ノギョンも体調を崩して入院していた。
スンヒは心配で病院を訪ねるも、ノギョンには会わずに陰から見ていた。
ノギョンはスンヒのところに会いに行くと言ってきかない。
それを必死にミョンジュが引き止めていた。
それを見て涙を流すスンヒ。
スンヒはテボムのところへ行き、結婚のこともふまえて、テボムとの関係を前向きに考えようと思うと話した。
急な出来事にテボムはビックリしている。
テボムは訳を聞こうとするが、スンヒは何も言わない。
しかしテボムはそれでもいいと喜んでいる。
スンヒは涙が止まらない。
スンヒは家に帰って、テボムとの将来を考えていると家族に話す。
突然すぎてみんなビックリしている。
テボムとスンヒの様子を見てしまった社長はコプタンにも話す。
コプタンはミョンジュのところへ行き、スンヒとテボムが結婚するのかもと言う。
ミョンジュは驚いている。
スンヒに会いに行くと言い張るノギョンに、とうとうミョンジュはテボムとスンヒの結婚の話をした。
ノギョンは直接確かめようとスンヒのもとへ向かうが、テボムと会う。
テボムはノギョンに、スンヒは幸せにするよと言うが、ノギョンは聞こうとせず去って行った。
ノギョンはスンヒの家に行き、理由を聞くが答えない。
ミョンジュもノギョンを心配してダミウルに来た。
テボムとの結婚が事実と知り、二人はショックを受けて帰って行った。
ユンシクがスンヒとミョンジュが親子であるからだという本当の理由を話そうとするが、スンヒが止めた。
その後、テボムとスンヒは結婚した。
71話
どれくらい時間がたったのだろうか。
テボムはスンヒは結婚し、スンアは女優として、ノギョンは仕事で海外に行っていたようだ。
ミョンジュの母親も記憶がもどり、ミョンジュと一緒に暮らしている。
そこへノギョンが帰国して来て家族は嬉しそうだ。
スンヒは自分のお店を開店した。
テボムと結婚してもう一周年になるようだ。
スンヒは、帰国しているノギョンにたまたま会ってしまう。
目はあったものの、まるで知らない人かのように去ってしまうノギョン。
その背中をスンヒは見送ったが、見えなくなってから、ノギョンも静止してしまう。
ヨンホンは、社長がテボムに会社のことを任せ過ぎだと思っている。
会社のことを心配し、テボムに警告したあとに、ノギョンがソウルに帰国したことを伝えた。
テボムの母親はスンヒとテボムに子供ができないことを、仕事をしているからでは?
とヤンジャに嫌みを言ってくる。
ノギョンに会ってしまい、すっかり心ここにあらずのスンヒは、お店を早締めして一人で考え事をしていた。
先に家にテボムが帰るとテボムの母が来ていた。
専業主婦をするべきだとスンヒを責める。
染物屋のお店があるという噂を聞いて、ノギョンがお店を訪ねる。
そこはスンヒのお店だった。
また二人は会ってしまう。
二人は多くは語らないものの、お互いを見て時が止まっているかのように静止している。
その様子をテボムは見てしまう。
72話
スンヒはノギョンを見送り、涙がでてきた。
しかしそこへ、テボムがやってきたので必死に隠すスンヒ。
テボムの母はお店を辞めるようにスンヒに言う。
しかしスンヒは母親とのこの仕事が大好きだし、なによりもこれが唯一の母親であるミョンジュとの繫がりだと思っていた。
だが、ノギョンといるところを見てしまったテボムはスンヒを信じられなくなっていた。
お店を辞めるつもりはないというスンヒを思わず怒鳴ってしまう。
テボムは仕事で、してはいけない方法をとったりしていた。
警察でも捜査していたのだが、ノギョンが担当だ。
しかしその会社がテボムの会社だということが判明した。
ノギョンはビックリする。
テボムもまた、捜査されているのを耳にしていた。
そしてそこを担当しているのがノギョンだということも知った。
ノギョンが帰国後、久しぶりに会うテボムとノギョン。
テボムは、スンヒと会っているのを見たことを話す。
今後はやめるようにきっぱりと言う。
一方、ノギョンは話をしているうちに、会社の違反行為に関わっているのはテボムか?
と勘ぐり始める。
どうやら、このことは内部告発のようだ。
ノギョンが確認しに行くと、やはりテボムの名が挙がってしまった…
国の作品を作る為に、ミョンジュもスンヒも染め物をエントリーしていた。
そして何の因果か二人が最終審査まで残った。
そこで再会するスンヒとミョンジュ。
ミョンジュは作品を提出することを辞めるようだ。
その理由がスンヒだということを知るコプタン。
スンヒのもとを訪ねて、そのことを話す。
それを聞いたスンヒはミョンジュのお店へ行った。
今日の感想
やっぱりスンヒとノギョンは縁があるんだろうな…
スンヒはミョンジュとの唯一の接点と思いお店を始めたけど、
何も知らないミョンジュは迷惑としか思っていないと思うと
切ないですね…
テボムは昔と全然変わってしまったように思います。
まさか賄賂を渡したりしているなんて。
それを取り締まるのがノギョンだなんて、
これもまた何の因果か…
ってとこですね。
テボムが捕まることになってしまったら、
スンヒは大丈夫なのか…
いつになっても混乱の嵐ですね。