韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-73話〜75話-最終回まで全話を配信!
2012年に放送された連続テレビ小説。1970年前後が舞台の夢と愛がテーマの青春ドラマ。
最終回視聴率19.2%をマーク!人気がありすぎて175話まで延長したんだとか。
こちらでは、BS日テレと同じ、全88話にして配信!ドロドロ系大好き管理人ショウコの感想・評価あり。


こんにちは!ショウコです!
建設会社の不正にテボムが関わっていることがわかってしまった
ノギョンはこれからどうするつもりなんだろう?
スンヒとテボムは結婚して一年が経ったようだけど
スンヒは本当に幸せなのかな??
テボムは前とは全然変わってしまった気がする…
「愛よ、愛」
73話
コプタンから、ミョンジュが作品の提出を辞めることにしたと聞いて、スンヒはミョンジュに会いに行く。
せっかくミョンジュの作品をみんなに見てもらえる機会を、自らなくしてしまうなんて信じられないというスンヒ。
ミョンジュは明確な理由は話そうとはせずに、スンヒを追い出した。
スンヒは悲しんでいる。
テボムの職場に行き、社長の話を聞くノギョン。
社長の判断がなくても、テボムが決定権を持っていることを知る。
ノギョンが会社でテボムを待っていると、スンヒもテボムに会いに来た。
そこへテボムが出先から戻ってくる。
スンヒ、ノギョン、テボムでディナーに行くことに。
スンヒが席を立ったすきに話をするテボムとノギョン。
ノギョンは仕事についてきこうと思っているが、スンヒがいるため気を使って話せない。
またの機会にと言うが、テボムはその時間はないと言う。
ノギョンが帰り、スンヒと二人になるとノギョンとの関係を怪しむテボム。
ノギョンは再びテボムの会社に出向く。
今回は友人としてではなく、捜査の為だ。
テボムがやってはいけないことをしているという情報は集まっている。
本人の口から聞こうとするが、答えないテボム。
ノギョンは悩んでいる。
テボムを捕まえると、スンヒのことが心配だからだ。
ミョンジュはスンヒのお店を訪ねた。
ノギョンからスンヒと会ったことを聞き、心配で仕方がない。
お店を持ったことも、ノギョンに会ったことも、ミョンジュには当てつけにしか捉えられない。
怒ったミョンジュは、作品を提出する意思を固めた。
スンヒの作品と比べてもらって勝敗を決めるつもりだ。
ノギョンは偶然会ったスンアを家まで送る。
家にはスンアに会いに来たヤンジャがいた。
二人が一緒にいるのでビックリする。
ノギョンは海外へ行っていたことなどを話し、帰って行った。
スンヒの結婚話がでた相手なのだから、一緒にいることはよくないとスンアに言う。
しかしスンアは、ノギョンが好きだと言い出したのだ。
74話
スンアはヤンジャに、ノギョンへの気持ちを打ち明ける。
しかしヤンジャはもちろんそれを止めた。
テボムは政治家に相談をしていた。
そしてその政治家は、ノギョンの事務所に来てこの不正について調べることを辞めるようにと言った。
テボムは政治家と食事をしている。
そのことを知った警察。
ノギョンの耳にも入る。
テボムの会社に行き、本当のことを話すように言うが、テボムははぐらかす。
スンヒのことを思えばこんなことができるはずはないと、テボムに言うが、響かないようだ。
スンアはノギョンの話をする為にスンヒのお店に行った。
過去にノギョンといた時のことや、テボムと結婚する前にノギョンと外泊していたことなどを話し続けるスンア。
しかしスンヒはテボムのことは本当に想っていると言った。
スンヒに会いにお店を訪ねて来たテボムは、全てを聞いてしまった。
怒り狂うテボム。
そんな二人を見て心配になるヤンジャ。
しかしスンヒは、不幸だなんて思っていないという。
そんなスンヒを見て、ヤンジャは悲しくなる。
ミョンジュは提出する作品を、得意なものにした。
スンヒは思い出のあるものにしようと思った。
当日、二人が作るものは同じものだということがわかる。
スンヒはミョンジュをランチに誘うが、ノギョンが来ることになった。
ノギョンは、スンヒのことを想い、これ以上テボムのやっていることを調べるのを辞めた。
そのことを話しにテボムのところの行く。
しかし、結婚前の外泊のことなどを聞いてしまったテボムは、ノギョンの顔を見るのも嫌だった。
ノギョンは最終警告をして帰って行った。
スンアは記者達にノギョンとの写真を撮られてしまい、スキャンダルになっていた。
幸い、ノギョンと気づくものはそういないものの、コプタンは疑っている。
テボムは、ノギョンに言われたことが気がかりで、さらにスンヒへ冷たくなる。
テボムの母も、スンヒの親が誰かわからないということを知ってから、スンヒへの対応がひどい。
ミョンジュは母親と出掛けたついでに、スンヒのお店に寄った。
そこにはテボムの母親もいた…
75話
ミョンジュとミョンジュの母親と会っているのを見てしまったテボムの母。
理由を問いつめてスンヒに激怒している。
スンヒにお店を辞めて専業主婦になるように言うが、スンヒはお店を続けさせてもらえるようにお願いする。
言うことを聞かないスンヒに、テボムの母は、スンヒがヤンジャの本当の子ではないことを知っているということを話してしまう。
スンヒは涙を流して家から飛び出した。
テボムはその話を聞いてしまう。
コプタンはノギョンをディナーに誘うが、ヨンホンも一緒だ。
ヨンホンの婿にはノギョンをという考えはまだ諦めていないようだ。
テボムは、スンヒがヤンジャの本当の子ではないということを聞いてから、一層スンヒに冷たくなった。
いつも自分には隠し事ばかりだなと怒っている。
スンヒはテボムの母親に、事実を言わなかったことを謝罪する。
しかし母親のことを調べようとしていないスンヒを薄情者だと言った。
テボムの母は、お店にミョンジュが来ていたことをテボムに話す。
テボムはスンヒのことが信じられなくなっていた。
スンヒはノギョンを忘れて、テボムを愛そうとしているのだが、なかなか伝わらない。
ノギョンはミョンジュに他の女性と会ってみるように勧められていた。
その気はないものの、ミョンジュを想うとうんと言わざるを得ない。
スンアは、家族にスキャンダルになった相手はノギョンで、本当に彼のことを想っていると暴露した。
家族は驚き、みんなが反対した。
ユンシクも、スンヒに続いて、自分のことで好きな相手を選ぶことができずに申し訳ないとスンアに謝る。
テボムは新たに不正を重ねようとしていた。
警察へ様子をうかがいに行くと、ノギョンがどこかへ出掛けるようだ。
尾行して行くと、その先にはスンヒがいた。
今日の感想
テボムはどんどん悪いほうへと落ちて行きますね。
スンヒはテボムにも冷たくされ、テボムの母親にも怒られてばかりで
お世辞にも幸せそうには見えなくて可哀想。
これでもしテボムが捕まることになったらと考えると…
ミョンジュとスンヒが実の親子という事実さえなければ
もう少し運命は変わったんだろうな…
スンヒは幸せだと思っていたノギョンも、
こうなるとだまってはいられないだろうな>< これからどうなるのでしょうか??