韓国ドラマ-明日が来れば-あらすじ-29話〜32話
こんにちは!韓国ドラマ大好きショウコです!
30話突入です!
全51話なので半分超えましたね。
ジョンインもこのままでは終わらないでしょう。
さらなるドロドロを期待してます!笑
その中核を担うのはやっぱりスンジョン!
さあ続きをご覧ください!


「明日が来れば」
29話
ケンカばかりしていたヨンギュンの妹ジミとウンチェ。
最近ではめっきりケンカもなくなり、
意気投合したようだ。
ヨンギュンの勤務先にウンチェが仮入社した。
二人は喜んだが、同僚は気に食わない様子。
ウンチェを困らせるような事態ばかり引き起こす。
ヨンギュンがフォローに入ろうとすると、
裕福の家庭で育ったウンチェのためにも試練を与えたほうがいいと
ヨンギュンを止める。
一方、チェ常務はウォンジャに会い、近況報告を聞く。
ウォンジャは、
ウォンソプがスンジョンがムダな投資をして失敗してると言っていた
と伝えた。
チェ常務はますますスンジョンに対し不信感を抱く。
30話
ジョンインが介護をしているおじいさんは、
ジョンインを妻だと思っている。
面倒を見てくれていることに感謝していた。
そうすると、おじいさんはおもむろに袋を取り出し、
ジョンインに手渡した。
その中には通帳が入っていた。
スンジョンは異例の昇進で副社長になり地位を確保した。
スンジョンに不信感を抱くチェ常務は、
スンジョンを調査する。
チェ常務は
ジョンインの隠し金庫にあった多額の資金、金品があれば、
あの横領、脱税事件があってからも、
すぐ会社を立ち直らせることができたのにと考える。
それがなぜバレたのか…そう考えると、
スンジョンがバラしたのではないかと疑い始める。
それをウォンソプの運転手ジョンモに問いつめた。
その会話をウォンソプは立ち聞きして驚く。
31話
ジョンインはおじいさんが見せてくれた
通帳がポンと、不防備に置いてある。
そこにイノからの手紙が…。
一方、チェ常務と運転手ジョンモの会話を聞いてしまったウォンソプは、
スンジョンに真実を語るように責め立てる。
スンジョンは悪びれた様子もなく騙されるほうが悪いと言いのける。
その反省の様子もないスンジョンを見て、
ウォンソプは大激怒。
スンジョンに手をあげるのだった。
32話
社長ウォンソプの会社の会議に、
世界的デザイナー、
イノと、その助手としてジョンインがやってきた。
その姿を見たウォンソプとスンジョンは驚いて言葉が出ない。
ウンチェはそんなことになってることも知らず、
なんで教えてくれなかったのかと、
ジョンインを責め立てた。