韓国ドラマ-王女の男-感想-あらすじ-13話~15話-最高視聴率24.9%!相関図でキャストをチェック!あらすじ、感想を掲載。DVDも発売中!NHK BSで放送!
こんにちは!ショウコです!
スンユは死んでしまったと思っているセリョン。結婚をするのにまだ彼のことが忘れられないでいるのですね。
実は生きているスンユがこれからどんなことをしでかすのか?二人の再会は?続きをどうぞ!


王女の男
13話
セリョンとシン・ミョンの結婚の日取りがとうとう決まったのだが、未だにスンユが忘れられないセリョン。
そんなセリョンは、結婚式の報告をキョンヘ王女するのでした。
そこでキョンヘ王女は指輪をセリョンに渡します。それは以前、スンユがセリョンを本当の王女だと信じ込んでいた時にセリョンの為に買ったものだったのです。
その後、セリョンはお寺に向かい、お寺にその指輪を置きます。それをスンユが影で見つめていました。
一度置いた指輪を取りに戻ると、そこには男がいました。指輪を返してくださいというセリョンに対して、男は無言で立ち去るのだった。実はその男はスンユでした。
置いてある指輪を見るセリョンは驚きました。指輪の1つが壊されていたのです。
スンユは、兄嫁のリュ氏とその娘のアガンの行方を捜しますが、見つけることはできません。
ますますスヤン大君への憎しみは大きくなるのでした。
14話
スヤン大君への憎しみを募らせ、スンユはセリョンを連れ去ります。花嫁がいなくなった為、結婚式は中止になってしまいます。自分を連れ去った犯人がスンユだと知り、セリョンは驚きます。死んだと思っていたスンユは生きていたのです。
スヤン大君はスンユが生きていることは知らないため、犯人の手掛かりを掴むことができません。
そして、スンユはセリョンを餌に、スヤン大君を呼び出すのでした。
スンユは正体がばれないように顔を隠し、セリョンを連れて、現れます。そして、セリョンに対して弓矢を構えるのでした。
そこに隠れていたシン・ミョンも、スンユに対して弓矢を構えます。
シン・ミョンが放った矢は、、、スンユをかばったセリョンに突き刺さるのでした。
15話
その場に隠れていた仲間たちによって連れ去られ、スンユはなんとか逃げることができました。
スンユをかばい、矢の犠牲になったセリョンも、一命を取りとめるのでした。
犯人について聞かれてもセリョンはスンユをかばい何も話さない。
そこでスヤン大君は、キョンヘ王女の夫、チョン・ジョンを誘拐犯にするのでした。
チョン・ジョンを助けるため、王、端宗はついに王座をスヤン大君に譲ることにしてしまう。
何とか解放されたチョン・ジョン。そこへ死んだはずのスンユがやって、再会を噛みしめ合うのでした。と、同時にスヤン大君への復讐の心に火が付くのでした。
今日の感想
やっと再会できたスンユとセリョンですが、スンユの気持ちは複雑ですよね!自分は恨まれても仕方がない立場と知っていながらも、それでもスンユを愛し続けるセリョン。泣けてきます。。早く幸せになるところが見たいです!