こんにちは!ショウコです!
復讐の鬼と化したスンユ。自分のことをとても大切に思ってくれているセリョンという人がいるのだから、「復讐なんてやめて幸せになって!」と思っているのは私だけではないはず!気になる続きをどうぞ!


王女の男
16話
オンニョン君の屋敷に忍び込み、オンニョン君を斬ったスンユは血文字で「大虎」と残します。
「大虎」とは、亡き父、キム・ジョンソの別名でした。
とうとうスヤン大君が王となる日が来てしまいました。仲間はスンユにもう復讐はやめろと諭されますが、スンユはシン・ミョンの父のシン・スクチュを襲うのでした。
しかし、シン・ミョンが父を救ってしまいます。
そんな中シン・ミョンは、護送船から生き延びたものがいるという情報を聞き、その生還者を探し始めるのでした。
17話
セリョンはスンユに会い、そしてスンユを兄嫁のリュ氏とその娘のアガンのもとへ連れていきます。死んでいたものと思っていたので、3人は再会を心から喜ぶのでした。
自分をリュ氏とアガンに合わせてくれたことには感謝するスンユでしたが、もう二度と会わないようにしようとセリョンに告げる。
父キム・ジョンソの別名、「大虎」のもと、復讐を繰り返すスンユでしたが、恩師のイ・ゲやチョン・ジョンたちと、再度スヤン大君の暗殺計画を立てることにしました。
しかし、その計画をセリョンに聞かれてしまうのでした。
18話
自分の父の暗殺計画を知ってしまったセリョン。大切な父と愛する人との板挟みに苦しみます。
そんなセリョンに対して、スンユは自分のことは忘れて欲しいと言うのでした。
一方、キョンヘ王女は計画に参加する夫チョン・ジョンが心配でなりませんでした。始めは望まぬ結婚でしたが、常に自分のことを愛してくれたチョン・ジョンの存在が、いつしかキョンヘ王女の中で大きくなっていたのでした。
しかし、彼らの暗殺計画は失敗してしまい、イ・ゲとチョン・ジョンは捕えられてしまいます。
顔を隠して正体がばれていないスンユでしたが、シン・ミョンに追われると、その覆面を取るのだった。
今日の感想
父と兄の死後、復讐の2文字だけを考えて生きてきたスンユにとって、もう後には引けないのですね。
そして、とうとう生きていることが敵にばれてしまいました。それを知ったスヤン大君は?間に挟まれたセリョンは?スンユとセリョン2人の運命は!?